ここから本文です

デカきゃ広いは間違い! ジャンル別「本当に広い」リヤシートのクルマ5選

5/27(月) 11:45配信

WEB CARTOP

ステーションワゴン

■ホンダ・ジェイド

 今では数少なくなった国産ワゴン。カローラ・フィールダー、ホンダ・シャトル、2列シート仕様のホンダ・ジェイド、マツダ・アテンザワゴン、スバル・レヴォーグぐらいになってしまいましたが、意外にももっとも後席ニースペースが広いのは、大型のアテンザではなく、ホンダ・ジェイド(2列シート)の270mm、フィットと同寸法のシャトルの265mmです(輸入車最大級ワゴンのボルボV90でも250mm)。

 ちなみにカローラ・フィールダー、後席フロア中央にトンネルがあるスバル・レヴォーグはともに170mm前後となっています。

ミニバン

■トヨタ・アルファード&ヴェルファイア(リラックスキャプテンシート)

 ミニバンのジャンルでは、もちろん、Lクラスのトヨタ・アルファード&ヴェルファイアの2列目席が広くて当然ですが、ちょっとしたただし書きが必要です。つまり、2列目席のシート仕様によってスライド量などが異なり、それがニースペースに影響するのです。

 ニースペースが少ない順に並べると、ベンチシート&エグゼクティブラウンジシートが460mm、エグゼクティブパワーシートが510mm。ところが、最大スライド量が830mmもの、ベーシックなリラックスキャプテンシートの標準スライド後端位置では510mmという数値ですが、シートを中寄せして、グーンと後ろにスライドさせる「スーパーリラックスモード」にすると、なんと驚愕の870mm! 市販の乗用車として世界最大級のニースペースが出現します。

 ちなみに、トヨタ・エスティマのキャプテンシートにもスーパーリラックスモードが備わり、最大ニースペースは790mmに達します。運転席ははるか遠い……そんな居住感覚が得られるのが、トヨタ・アルファード&ヴェルファイアとエスティマのリラックスキャプテンシートなのです。

SUV

■ホンダCR-V

 大人気のクロスオーバーSUVでは、やはりホンダのCR-Vの後席の広さが際立ち、フラットフロアの後席ニースペースは250mm。同クラスのトヨタRAV4が210mm、日産エクストレイル230mm、スバル・フォレスター230mmなので、もっとも足もとがゆったりしているのはCR-Vということになります。

 意外なのは、トヨタC-HRとヴェゼル。RAV4、CR-Vより下のクラスですが、後席ニースペースはどちらもまったく同じ250mmほどもあるので、ゆったり。

 ちなみにマツダCX-5は190mm、レクサスUXは狭く120mm。輸入車ですが、大型のボルボXC60は200mmでした。

 後席の広さは巧妙なパッケージングのたまもの。車体のサイズとは、必ずしも一致しないということを、実車でぜひ、確認してみてください。

青山尚暉

2/2ページ

最終更新:5/29(水) 14:48
WEB CARTOP

記事提供社からのご案内(外部サイト)

クルマの「知りたい」を完全網羅
新車試乗・最新技術・お役立ち情報 etc……
すべてがわかる自動車メディアの決定版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事