ここから本文です

外国人が「今後、行きたい観光地」13か国中9か国で1位になった都道府県は?

5/27(月) 7:02配信

@DIME

2020年の東京オリンピック・パラリンピック、2025年の大阪万博に向けてますますの増加が予想される訪日観光客。その旅行先の代表格といえば、【東京】【大阪】【京都】だろうが、それ以外にはどの都道府県が人気を集めているのだろうか?

そこで今回、世界13か国の男女各100名を対象にした「これまでに行ったことのある観光地」「今後行きたい観光地」を問うアンケート調査が行われたので、紹介していきたい。
※グラフありの元記事は下記同タイトルをクリックすることで見ることができます
これまでに行ったことのある観光地は【東京】【大阪】【京都】
これまでに行ったことのある観光地について完全自由記述でのアンケートが取られ、ランキングが作成された。調査した全ての国と地域で【東京】【大阪】【京都】がトップ3に輝き、中華圏では九州地方、タイやインドネシアでは降雪地域がランクインするなど、各国の特徴が表れる結果となった。

※【東京】【大阪】【京都】を赤く色づけ

【これまでに行ったことのある観光地はどこ?】



※各国N数100以上

今後行きたい観光地は9カ国で北海道が1位
今後行きたい観光地に関しては、調査した13カ国中9カ国で北海道が一番多い結果となった。また、リピーターの多い台湾・香港では四国や東北など、主要観光地以外の観光地も上位にランクインしており、旅行先が分散化傾向にあることが分かる。

※【東京】【大阪】【京都】を赤く色づけ

【今後行きたい観光地はどこか?】



※各国N数100以上

電車の利用率が最も高いのはマレーシア人、新幹線はオーストラリア人
訪日中の交通手段について調査が行われたところ、電車の利用率が最も高いのはマレーシア人、新幹線の利用率が高いのはオーストラリア人という結果となった。

訪日オーストラリア人の滞在日数は平均13.3泊(観光庁「2018年 訪日外国人消費動向調査」)と長い傾向にあるため、滞在中に新幹線を利用して遠方の観光地に訪れていることが推測できる。

また、韓国や中華圏のタクシー利用率は低く、香港においては10%以上の人がレンタカーを利用していることが明らかに。これは、日本旅行に慣れたリピーターが、都市部以外の観光地を訪れた際の移動手段として利用していると推測される。

なお、国土交通省は地方誘致・消費拡大に向けてレンタカーや鉄道と連携した広域周遊の推進を行っており、今後、地方旅行客の増加に伴い、訪日客のレンタカー利用率も増加していくことが予想される。

※40%以上を赤、20%以上をオレンジ、10%以上を緑に色付け

【旅行中の主な交通手段は何?】



※各国N数100以上

<調査概要>
【調査主旨】
世界13カ国親日度調査
【調査要綱】
対象の国と地域:韓国、中国、台湾、香港、タイ、マレーシア、シンガポール、インドネシア、ベトナム、
フィリピン、アメリカ、オーストラリア、イギリス
調査期間:2019年2月1日~2019年4月26日
対象:対象の国と地域の各100名、18歳以上の男女

※アウンコンサルティング調べ

出典元:アウンコンサルティング株式会社

構成/こじへい

@DIME

最終更新:5/27(月) 7:02
@DIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

@DIME

小学館

2019年8月号
6月14日発売

定価800円

2019上半期ヒット商品大研究
夏を制するのは「爽やか」な男前
MEGA CITY SHIBUYAの全貌

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事