ここから本文です

「マリファナ」と呼ばれる植物の謎が、ついに明らかに?

5/27(月) 19:12配信

WIRED.jp

人類はカンナビスをどう扱ったらいいのか、決めきれないでいる。

何千年ものあいだ、人類はカンナビス[編註:大麻、マリファナとも呼ぶ]を医薬として、また精神をトリップさせるものとして用いてきた。(19世紀に植民地のインドでカンナビスの使用を禁止した英国は例外だ)。そして20世紀に入ると、米国政府はカンナビスとの戦いを宣言し、世界の大半の国がそれに追随することとなった。

ウェルネスのためのカンナビス

しかし今日の米国では、連邦政府がカンナビスをヘロインと同じ「スケジュールI(医療的メリットのない極めて危険な薬物)」の指定薬物としていることに対し、いくつもの州が異議を唱えるようになった。連邦議会でもエリザベス・ウォーレン上院議員らがカンナビス使用を合法化するべく活動している。

事実、カンナビスは多くの病気の治療に用いることができ、アルコールよりもはるかに安全であることを科学者が証明している。曲がりくねったカンナビスの旅もようやく核心的真実にたどり着いた。それは、人間を苦しめる病気を治す強力な薬になるということだ。

ひどく偏ったかたちで、黒人たちを主なターゲットとして行なわれてきた米国政府とカンナビスとの戦いだったが、政府はようやくその戦いが、バカげた勝ち目のないものであるという事実をようやく認めた。

カンナビスはいまだに謎の多い薬物だ。その根本理由は、アルコールのように比較的単純な薬物とは違い、カンナビスにはTHC(テトラヒドロカンナビノール)など数百種の化学物質が含有されていていること。そして、それらの相互作用を科学者は解読し始めたばかりだということにある。

とはいえ、カンナビスの利点はそこにこそ隠れているのだ。いまやカンナビスに関する知識は、専門的なものになりつつある。そこで、みなさんがこの知識の霧から抜け出せるよう、『WIRED』が案内しよう。

古代中国の三皇五帝も求めた「薬効」

カンナビスの原産地は中央アジアだと考えられており、人類が栽培した最初の植物のひとつだとも言われている。精神に作用する魅力に加えて、カンナビスの栽培者たちは栄養豊富な種子を食べ、その繊維を縄にした(現在では向精神作用のあるTHCをほとんど含まない種類の麻からロープがつくられており、麻の繊維は建材にも利用されている)。

わたしたちの祖先は、カンナビスのいくつかの薬理作用に気づいていた。古代中国における伝説の三皇五帝のひとりである神農は、病気の治療のために麻から酒をつくることを勧めたと伝えられている。カンナビスの豊かな歴史をもつインドでは、数千年ものあいだ、霊的な助けを与えてくれる道具として使われていた。

鉄と石により巨大国家が築かれるようになってからも、カンナビスは不可欠な作物だった。例えば古代ローマでは、麻を材料としたとても丈夫な帆やロープがなければ、帝国を支える海軍力をもてなかったはずだ。大英帝国やスペインも同じで、麻の索具装置を用いたことで世界に領土を広げることができた。かのジョージ・ワシントンも、カンナビスを栽培していたという。

そのあいだもずっと、人類はカンナビスがもつ精神をハイにする作用を忘れたことはなかった。メキシコは1900年代初めに、向精神性のある種を栽培する一大生産地となり、カンナビスは国境を越えて米国に運び込まれた。このため米国は1937年に「マリファナ課税法」を制定し、事実上カンナビスを非合法化した。そして70年には規制物質法で、カンナビスをスケジュールIの薬物に分類して、悪魔そのものとみなしたのだった。

1/4ページ

最終更新:5/27(月) 19:12
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.33』

コンデナスト・ジャパン

2019年6月13日発売

1,200円(税込み)

『WIRED』日本版VOL.33「MIRROR WORLD - #デジタルツインへようこそ」来るべき第三のグローバルプラットフォームを総力特集

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事