ここから本文です

ヴィッセル神戸入りが報じられたダビド・シルバ、カタールのクラブが年俸8億円越えのオファー!

5/27(月) 5:40配信

SOCCER DIGEST Web

33歳の天才パサーに舞い込んだ大型オファー!

 Jリーグ入りが噂された大物に、中東から魅力的なオファーが舞い込んだようだ。

 現地時間5月25日、大衆紙『The Sun』をはじめとする複数の英メディアが、マンチェスター・シティに所属する元スペイン代表MFのダビド・シルバが、カタールのクラブから高額なオファーを提示され、退団を検討していると報じた。

【PHOTO】C・ロナウド、アグエロ、エジル、ポグバ…世界的名手たちが誇るスーパーカーを厳選&一挙紹介!

 現在33歳のシルバは、2010年の夏にシティに加入すると、類まれなテクニックとパスセンスを武器に公式戦396試合で71ゴール・129アシストをマーク。オイルマネーによって変貌を遂げた、数々のタイトルを獲得したシティの中心を担ってきた。

 シティと2020年6月までの契約を締結しているシルバだが、『The Sun』によれば、具体的な名前こそ明らかにされていないものの、カタールのクラブから年俸600万ポンド(約8億3000万円)の2年契約を提示されたようだ。これは現在シティから受け取っているサラリーと大差はないが、カタールには個人所得税がないため、実質2倍の金額を受け取ることができるのだという。

 シルバの去就に関しては、様々な情報が飛び交っている。

 今月3日には、米最大のスポーツネットワーク『ESPN』が、アンドレス・イニエスタやダビド・ビジャといった同胞たちがいるヴィッセル神戸が獲得を目指していることを伝え、日本でも大きな話題を呼んだ。

 また、スペイン・メディアでは、家族のことを最優先に考えているシルバが、故郷のクラブであるラス・パルマスへの移籍を希望しているとも報じられている。

 今シーズンもプレミアリーグで38試合中33試合に出場して6ゴール・8アシストをマークし、健在ぶりを示したシルバ。はたして、世界屈指のゲームメーカーは、この夏どういった決断を下すのだろうか。その動向が大いに注目される。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

最終更新:5/27(月) 5:40
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事