ここから本文です

【ホーストカップ】尾張の女重戦車・溝口孝湖がホースト推薦選手を初回KO

5/27(月) 22:54配信

ゴング格闘技

2019年5月26日(日)愛知・名古屋国際会議場イベントホールにて『グループエスカラデーPRESENTS HOOST CUP KINGS NAGOYA 6』が開催された。

【写真】ベルトを巻いて満面の笑顔を見せる溝口

▼第9試合 LEGEND DNA FIGHT HOOST CUP 女子スーパーライト級(63Kg)王座決定戦 3分3R・延長1R
〇溝口孝湖(WATANABE GYM)
KO 1R1分2秒 ※右フック
●マーレーン・オクックス(ホースト選抜/SOKUDO-GYM/ WKU世界Sライト級王者)
※溝口が新王座に就く。

 女子スーパーライト級初代王座決定戦は因縁の再戦。尾張の重戦車の異名を持ち、パワーが持ち味の溝口と、ホーストの愛弟子でWKU世界スーパーライト級王者のオクックス。両者は昨年12月大会で対戦し、接戦の末に溝口が判定2-0で勝利している。ベルトを懸けてのリマッチはオクックスのリベンジか、溝口が返り討ちか。前日会見のフェイスオフでは顔が触れんばかりの距離でにらみあいを繰り広げた両者だけに激しい試合が予想された。

 1R、すぐ前へ出て打ち合う両者。互いに全力で左右のフックを打ちあう中、もつれあうようにしてオクックスが背を向ける体勢になると、この瞬間を逃さず溝口が右フック! オクックスは腰から崩れ落ちると目を見開いたまま動かず。衝撃の失神KOで溝口が初代女子スーパーライト級のベルトを巻いた。

 マイクを持った溝口は「今日もたくさんの応援が来てくれて凄く力になりました。キックを始めて10年でこのタイトルマッチを用意していただいて、決まった時からこれは私のストーリーだと思い練習してきました。館長はじめジムの皆さん、応援してくれる皆さんのおかげでここまでこれました。みんなのこのベルトを大事に守っていきます」と防衛への意欲を語った。

最終更新:5/27(月) 22:54
ゴング格闘技

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ゴング格闘技

ジャパンコンテンツマネジメント

ゴング格闘技
2019年7月23日発売

定価 本体1,111円+税

【特集】快挙! 世界二冠・堀口恭司とは何か?
■DJら対戦者が語るキョージ・ホリグチ
■「格闘兄弟」朝倉未来&海ほか
■魔裟斗×武居由樹/亀田が語る那須川天心

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事