ここから本文です

バイエルンから4人を選出!35歳の長谷部に2人の19歳も…【編集部が厳選したブンデスリーガのベスト11】

5/27(月) 6:40配信

SOCCER DIGEST Web

35歳でピークを迎えている長谷部は、CBで選出

 昨年8月に開幕した2018-19シーズンのブンデスリーガ。現地時間5月17日に迎えた最終節までもつれ込んだ優勝争いは、バイエルンが史上初の7連覇を達成し、2位ドルトムントの悲願を阻止した。

【PHOTO】C・ロナウド、アグエロ、エジル、ポグバetc…世界的名手たちが誇るスーパーカーを厳選&一挙紹介!

 そのブンデスリーガの舞台で、とりわけ目覚ましい活躍を見せたプレーヤーを厳選し、ベスト11を選出。セクション別に紹介する。

※「今シーズン成績」はブンデスリーガのもの。

―――◆―――◆―――

【GK】
ペテル・グラーチ(RBライプツィヒ)
29歳
【2018-19シーズン成績】
33試合・27失点(16クリーンシート)

 RBライプツィヒの3位フィニッシュに貢献したハンガリー代表の守護神。クリーンシートはリーグ1位を誇り、リーグ最少失点(29失点)の守備陣を支えた。抜群のポジショニング、判断力、そしてボールへの素早い反応は、いずれもリーグトップレベルだ。

 ブンデス公式が発表したベスト11では、GKはフランクフルトのケビン・トラップが選出されたが、編集部では失点の少なさ、若いディフェンス陣を牽引したリーダーシップを評価した。

【DF】
ヨシュア・キミッヒ(バイエルン)
【2018-19シーズン成績】
34試合・2得点・14アシスト

ニクラス・ジューレ(バイエルン)
【2018-19シーズン成績】
31試合・2得点・0アシスト

長谷部誠(フランクフルト)
【2018-19シーズン成績】
28試合・0得点・0アシスト

ニコ・シュルツ(ホッフェンハイム)
【2018-19シーズン成績】
30試合・1得点・6アシスト

 リーグ優勝を飾ったバイエルンから、右SBキミッヒとCBジューレの若手DFを揃って選出。キミッヒはシーズンを通してコンスタントな活躍を続け、攻守に躍動。ジューレは、重鎮のマッツ・フンメルスとジェローム・ボアテングを抑え、ニコ・コバチ監督のファーストチョイスまで上り詰め、1対1の守備だけでなくビルドアップでも寄与した。

 そのジューレの相棒に選んだのは、35歳を迎えてキャリアハイとも言えるシーズンを送った長谷部誠だ。本職の守備的MFではなく、リベロで起用したアディ・ヒュッター監督の采配が大当たり。鋭い読みで3バックを統率し、”ピッチ上の監督”として若手を指導する場面も度々見られた。ヨーロッパリーグでベスト4まで進んだチームで、その存在感は絶大だった。

 この部門で最もブレイクスルーを果たしたのが、左SBで選出したニコ・シュルツだろう。持ち前の攻撃性を活かしつつ、好守も披露。ドイツ代表でも定位置を確保すれば、シーズン終了後にドルトムント移籍が決定するなど、充実の一途を辿っている。

1/2ページ

最終更新:5/27(月) 6:40
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事