ここから本文です

蛭子能収のゆるゆる人生相談「スマホゲームにハマる夫にストレス」

5/27(月) 16:06配信

女性自身

大反響の「ゆるゆる人生相談」を一挙108本収録した、世界一ゆるい自己啓発本『笑われる勇気』(光文社・900円+税)も発売中の“世界一ゆるい70代”となった蛭子能収(71)が、読者からの相談に答える!

【Q】「スマホゲームにハマっている夫(64歳)は、定年後、食事中だけでなく、お風呂でもスマホを手放しません。夫婦の会話もなく、夫の性格もとげとげしくなり、私のストレスもたまります」(ケ~キイチゴさん・62・主婦・愛知県)

【A】「勝ってもお金が増えないスマホのゲームにハマるのは、時間の無駄」(蛭子能収)

スマホのゲームは、勝ってもお金は稼げませんよね。もうからないことに時間を費やすのは無駄ですよね。

オレの女房も、ある時期スマホのゲームに没頭していました。その間は、女房の小言を聞かなくてすむので、オレは黙っていましたが、最近ではゲームに飽きたようで、またガミガミ言われるようになりました。あなたの場合は夫が飽きるまで待つしかないと思いますよ。

それにしても還暦を過ぎてもゲームにハマるんですね。そういえば太川陽介さんも、移動中にタブレットで麻雀のゲームをよくやっていますね。オレのベテランマネージャーも『LINE バブル2』を後輩と競い合っていて、勝った、負けたと言ってはカリカリしています。

オレは、小さな画面のスマホのゲームにハマるくらいなら、広々とした広いボートレース場に足を運び、少しでもお金が増えるチャンスをうかがいます。世の中はお金を増やすことだけを考えていれば、ストレスがたまることもありませんよ。

最終更新:5/27(月) 16:06
女性自身

記事提供社からのご案内(外部サイト)

女性自身

光文社

2875合併号・7月9日発売
毎週火曜日発売

特別定価450円(税込)

石原さとみ 破局していた!前田氏は転居
高嶋ちさ子父語る忠夫さん死、無言の理由
春風亭昇太 妻は元宝塚50億円ご令嬢!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ

あわせて読みたい