ここから本文です

婚活で実際にお断りをされた「傲慢オトコ」と「卑下オンナ」の損な性格

5/27(月) 20:30配信

週刊女性PRIME

 自信家で高圧的な物言いをする人がいますが、そんな人とのお付き合いは、とても疲れます。謙虚でいたいものです。しかし、たまに謙虚と卑下をはき違えている人がいます。謙虚と卑下、その境目はどこにあるのでしょうか? 

 婚活ライターをしながら、仲人としてもお見合いの現場に携わる筆者が、目の当たりにした婚活事情を、さまざまなテーマ別に考えていく連載。今回は、「婚活にとって大事なのは、傲慢にならず謙虚でいること。そして、自分を卑下しない」です。

金、金、金! 次は、自慢話!!

 先日、フリーのグラフィックデザイナーの美緒子さん(36歳、仮名)が、年収2000万円の会社経営をしている男性、雅紀さん(42歳、仮名)とお見合いしたときのことでした。

 お見合いを終えた美緒子さんから、すぐにLINEが入ってきました。

「今日の方は、お断りでお願いします!」

 13時からのお見合いで、このLINEが来たのが14時ジャストだったので、お見合いを終えてティールームを出たすぐ後に、LINEを入れてきたのでしょう。それほどすぐに“お断り”をしたい相手だったということ。何があったのか、電話をして聞いてみました。

「ずいぶん早いお断りだけれど、どんな方だったの?」

 私の問いかけに、美緒子さんは憤慨した口調で言いました。

「予約席だったので、お席に案内されて行くと、すでにいらしていました。ティールームのソファ席だったんですが、そこに踏ん反り返って足を組んで座っていました。

 私が近づくとさすがに体勢を変えて、姿勢を正したのですが、お見合いが始まって第一声が、『フリーのデザイナーって、月にいくら稼げるんですか?』だったんですよ。私が、『フリーなので、その月によって金額は違います』と濁すと、『ふ~~ん、そうですか。仕事は忙しいですか?』と聞かれたので、『それも、月によって違います』と言ったんですね。

 そうしたら、『ま、僕は、同年代のサラリーマンよりも、3倍から4倍は稼いでいるんで、結婚したら金には不自由はさせませんよ。ただ、休日に働くことも多いから、家族サービスは期待しないでください』っておっしゃって。『いやいや、あなたとは結婚しないんで、ご心配なく!』と、心の中でツッコミを入れました」

 こんなふうに自信満々で、上から目線の物言いをされたら誰でもカチンときますよね。また、美緒子さんは、こんなことも言いました。

「金、金、金! そして、次は自慢話!! 何人の社員がいるかわかりませんが、彼の下で働いている人たちはかわいそうだなと思いました」

 稼いでいる自営業者やリーダーになる人には、2タイプいる気がします。彼のように自信家で成功や自分のすごさを言動にそのまま出す人、自分に自信はあるけれど、それをひけらかすことなく言動が謙虚な人。どちらのタイプが人望を集めるかといえば、当然、後者ですよね。

 謙虚な方というのは、お付き合いをしていても心地いいですし、“さすがだな”と感心するところも多く、信頼できるし、また尊敬もできます。

1/3ページ

最終更新:5/27(月) 20:30
週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」8/13号

特別定価420円(税込)

「週刊女性PRIME」では「週刊女性」本誌の一部記事のほか「週刊女性PRIME」独自の記事を読むことができます。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事