ここから本文です

婚活で実際にお断りをされた「傲慢オトコ」と「卑下オンナ」の損な性格

5/27(月) 20:30配信

週刊女性PRIME

「ごめんなさい」「すいません」を会話で連発

 では、こんなケースはどうでしょうか?

 幸雄さん(41歳、仮名)が、お見合いをして、初枝さん(34歳、仮名)と恭子さん(36歳、仮名)の2人と仮交際に入りました。お見合いには、“仮交際”と“真剣交際”の区分があり、“仮交際”は、食事やデートを重ねながら、お相手のお人柄を見ていく時期です。

 なので、複数とお付き合いをしてもよいのですが、その中から、“この方となら、結婚に向かえる”というお相手が出てきたら、その方に絞って“真剣交際”に入ります。

 おふたりと仮交際していた幸雄さんから、「恭子さんと真剣交際に入りたいと思います」という連絡が入りました。

 恭子さんを選んだ理由は、こうでした。

「発言が前向きで、人の悪口を言わない。一緒にいると元気がもらえるんです。それに、すごくよく笑う。結婚したら、きっと笑い声のたえない明るい家庭が築けると思ったんです」

 一方で、交際を終了する初枝さんについては、こんなことを言いました。

「いつも僕を立ててくれるし、一緒に食事をしていても料理を取り分けてくれたり気を遣ってくれるので、最初は奥ゆかしくて謙虚な人だなと思っていたんです。でも、付き合っていくうちに“謙虚とは、どこか違うな”と思うようになったんです。

 例えば、僕のいった単語がわからなかったとすると、『えっ、それって何ですか?』って聞いた後に、『ごめんなさい。私バカだからわからなくて』とか、『本当に無知ですみません』とか。自分を『バカ』とか『無知』とかすぐに言うし、会話の中に、『ごめんなさい』『すいません』を連発するんですよ」

 女性だけでなく、男性の中にも、会話のはしばしに、「ごめんなさい」「すいません」を口グセのように言う人がいますよね。

 謝りグセのある人というのは、幼少期に親から認めてもらえず、「だからあなたは、ダメなのよ」「あなたにできるはずがないじゃない」と頭ごなしに否定をされてきた人が多い。自己肯定感が育っていないのです。

 また、謝りグセのある人は、「自分が悪い」という考えを曲げないので、実は頑(かたく)な性格で、物事を多方面から分析して柔軟に考えられないのですね。謝りグセのある人と結婚すると、“うわっ、実はこんな頑固者だったんだ”と気づかされることも多いでしょう。

 つまり、謝りグセのある人が“謙虚”かというと、そうではないのです。

2/3ページ

最終更新:5/27(月) 20:30
週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」10/1号

特別定価420円(税込)

「週刊女性PRIME」では「週刊女性」本誌の一部記事のほか「週刊女性PRIME」独自の記事を読むことができます。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事