ここから本文です

朝の支度の時短が叶う、靴とバッグの作り置きセット4パターン

5/27(月) 14:30配信

webマガジン mi-mollet

忙しい朝に限って、コーディネートがまとまらない、合わせる小物に悩んでしまう……。そんなことはありませんか? スタイリストの福田麻琴さんにコーディネートの時短術を聞いてみたところ、「バッグと靴のセットを作っておくと、コーディネートって即まとまるんです」とのお返事が! 今回は、その効果と具体的なレシピをレクチャーしてもらいました。

時短の鍵は小物! 着こなしの鮮度まで瞬時に上がるバッグと靴の”作りおきセット”とは?

 〈写真左〉トップス¥8000/マルシャル・テル(ザ テント代官⼭店)  パンツ¥9990/プラステ バッグ¥9000(バリ ワークステット)/プラージュ 代官⼭店 バッグに入れたストール¥19000/チャン ルー(チャン ルー ジャパン ショールーム)  バングル¥8500/サンディ(ココシュニックオンキッチュ 有楽町マルイ店)  シューズ¥28000/イル サンダロ オブ カプリ(ウィム ガゼット ⻘⼭店) 〈写真右〉ワンピース¥26000/ウィム ガゼット(ウィム ガゼット ⻘⼭店)  バッグ¥39000/ティラ マーチ(ユナイテッドアローズ 銀座店)  シューズ¥14000/スプリング コート(ギャルリー・ヴィー 丸の内店)

「意外かもしれませんが、スタイリングの印象を大きく左右するのがバッグと靴。この2つの組み合わせにまとまりがあると、コーディネート全体にもまとまりが出るんです。逆にここがチグハグだと、あか抜けない印象に。ですので、きれいめに仕上げたい、カジュアルダウンしたいといったテイスト別や、抜けを作りたい、アクセントを効かせたいといった役割別に、バッグと靴の組み合わせパターンを決めておくと、コーディネートを考える時間はぎゅっと圧縮されます。さらに、バッグと靴がまとまっていると、着こなしのこなれ度も上がるんです。例えば、定番のボーダー×デニムも、PVCバッグとビーチサンダルの”軽やかセット”を合わせると、ほのかにスポーティな旬の装いにブラッシュアップされます」

1/3ページ

最終更新:5/27(月) 14:30
webマガジン mi-mollet

記事提供社からのご案内(外部サイト)

スタイリスト大草直子がコンセプトディレクターを務める、ミドルエイジ女性のためのwebマガジン。ファッション、ビューティ&ヘルス、ライフスタイルの情報を配信中。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事