ここから本文です

SNSはもうおやめなさい、自分を見失うだけ

5/27(月) 6:00配信

JBpress

■ フェイスブックはフェイクニュースの温床

 Attention Economy(アテンション・エコノミー)という言葉をご存知だろうか。

 ソーシャルメディア(SNS)ではコンテンツが注目され、利用者のアクセス数が増えれば増えるほど収益も上がる。それをアテンション・エコノミーと呼ぶ。

 ネット・メディアではまさにページビュー(PV)がすべてだ。多くの人にアクセスしてもらうことでそのコンテンツの価値が決まる。

 コンテンツの中身は二の次三の次だ。それが「フェイクニュース」の温床となる。

 だが、アテンション・エコノミーが突き進み、行きつく先には何があるのか――。

 新進気鋭の女流ディジタル・デザイナーのジェニー・オデル氏(32)がこの論議に一石を投じている。

 処女作『How to Do Nothing:Resisting the Attention Economy』(どうしたら何もしないでいられるか:アテンション・エコノミーへの反逆)を出版した。

 先端技術のメッカ、シリコンバレーのど真ん中で育ち、グーグル・アースなどでデジタル・デザイン作品を発表している。その作品は米国にとどまらず、フランスやドイツでも大反響を呼んでいる。

 オデル氏の作品はグーグル・アースのイメージを題材に制作したデジタル・デザインだ。彼女自身自分の作品についてこう述べている。

 「私の作品は、グーグル・サテライト・ビューがとらえた、疎外された透視図を使って、私たちを取り囲んでいるありふれた環境としか思えない、壊れやすくて、不確実で偶発的な、一風変わった自然の姿を描き出したものだ」

 言葉ではなかなかうまくご説明できないので、以下のサイトをクリックしてオデル氏の作品を直接見ていただく方がいいかもしれない。

 (http://www.jennyodell.com/satellite.html)

1/5ページ

最終更新:5/27(月) 13:40
JBpress

記事提供社からのご案内(外部サイト)

JBpress Premiumは
日本の未来を創るビジネスリーダー
のための総合メディア
JBpressが提供する有料会員サービスです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事