ここから本文です

2ゴールだけじゃない!宮代大聖がU-20W杯で示している特大のポテンシャル

5/27(月) 18:48配信

SOCCER DIGEST Web

「起点となって時間を作れたらなと思います」

[U-20ワールドカップ グループB]U-20日本 3-0 U-20メキシコ/5月26日/グディニャスタジアム
 
 U-20ワールドカップのメキシコ戦で、宮代大聖が見事な2ゴールを叩き出した。
 
 21分、相手DFのクリアボールを拾った藤本寛也のパスに反応し、左足でゴール右に流し込んで先制点をゲット。さらに76分には、田川亨介のスルーパスに抜け出し、今度は右足でシュートを叩き込んだ。
 
 この2ゴールもあり、日本はメキシコに3-0で快勝。グループステージ突破の可能性が高まる勝点3の獲得に貢献し、宮代は「今後につながる得点」と喜んだ。
 
 ストライカーとして結果を残した宮代だが、ゴール以外にもその存在価値の大きさを示している。大会開幕直前の22日には、自身のプレーについてこんなことを言っていた。
 
「嫌な時間帯に(前線で)時間を作るのは大事ですし、やっぱり自分たちがボールを保持していたほうが自分たちの流れにできます。そういう部分では(前線で)起点となって時間を作れたらなと思います」

【U-20日本代表|選手名鑑】U-20ワールドカップに臨むメンバー21名

 この言葉通り、宮代は最前線の起点として機能。エクアドル戦の後半には上手くパスを引き出してゲームの流れを良くしていたし、メキシコ戦でも何度も正確なポストプレーをして、ポゼッションの基準点として効果的な働きをしていた。

 2トップでコンビを組む田川も、そんな宮代とのコンビネーションが良好と感じているようで「大聖がよく動いてくれるし、自分がどこにいたらいいかっていうのを大聖のポジショニングで僕も決めることも多いんで。そういう細かいところでは、彼が動いてくれるっていうのはすごい助かる面はほんと大きいです」と述べている。
 
 ポストプレーに加えて結果も残し、「点を取るべきFWの選手が取ったというのは非常に彼らの、これから先への試合に向かって、自信につながっているんじゃないかと思います」と影山雅永監督もメキシコ戦で得点した田川とともに宮代にも期待感を寄せている。
 
 次戦は29日のイタリア戦。最前線で起点を作りつつ、再びゴールなるか、宮代のパフォーマンスに注目だ。
 
取材・文●志水麗鑑(サッカーダイジェスト編集部)

最終更新:5/27(月) 18:48
SOCCER DIGEST Web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事