ここから本文です

錦織にストレート負けの地元若手アリス、自滅ミス猛省「こんなプレーをしていたら…」

5/27(月) 11:33配信

THE ANSWER

第3セットに2ゲーム先取も「厳しかった」

 テニスの四大大会、全仏オープンが26日に開幕し、男子シングルス1回戦では第7シードの錦織圭(日清食品)が世界ランク153位のカンタン・アリス(フランス)を6-2、6-3、6-4のストレートで下し、5年連続8度目の2回戦進出を決めた。第3セットに2ゲームを先取しながら敗れたアリスは「自分がこんなプレーをしていたら、彼には特別やることはなかった」と自滅ミスを猛省した。

【動画】錦織は「反省点はほぼなし」と手応え十分の快勝、大会公式が公開した“エア・ケイ”を鮮やかに決める瞬間

 第1セットは2-6であっさり落としたアリスだが、第2セット中盤から191センチの長身を生かしたパワフルなプレーを連発。時速200キロを超える高速サーブでたびたびエースを奪うなど、持ち味を見せ始めた。第3セットでは第1ゲームでブレークに成功するなど2ゲームを先取。地元の声援に後押しも受けたが、ダブルフォールトでポイントを許すなどし、追い込めなかった。

 試合後に記者会見に臨んだアリスは「第3セットはいいプレーができたと思う」と振り返ったが、「僕よりかなり強かった」と錦織に完敗宣言。続いて「自分がこんなプレーをしていたら、彼には特別やることはなかった」と反省も忘れなかった。

THE ANSWER編集部・佐藤 直子 / Naoko Sato

最終更新:5/28(火) 9:17
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事