ここから本文です

「悲惨な午後」 浦和監督、スタメン選びの“失敗”認める「十分回復できていると…」

5/27(月) 6:45配信

Football ZONE web

オリヴェイラ監督、0-4完敗の広島戦後に悔恨 「消耗の度合いを評価しきれなかった」

 浦和レッズのオズワルド・オリヴェイラ監督は、26日にホームで行われたJ1リーグ第13節サンフレッチェ広島戦に0-4で大敗した後の記者会見で、「我々にとって、悲惨な午後」と完敗を認めた。そして「火曜日の試合の消耗の度合いを評価しきれなかった」と、メンバー選考の部分での失敗だったと語った。

 浦和は21日のナイトゲームでAFCチャンピオンズリーグ(ACL)グループステージ最終節、ホームの北京国安(中国)戦に臨み3-0と快勝した。両者が突破の可能性を残す直接対決だっただけに、かなり高いテンションで“決戦ムード”も色濃いゲームだった。そこでは、今季ベストとも言える内容で勝利を収めベスト16進出を果たしたが、同時にチーム内にすべてを出し尽くしたような達成感があったのも事実だった。

 北京国安戦から中4日で迎えた広島戦で、オリヴェイラ監督はスタメン10人が同じというメンバーを送り込んだ。残りの1人も、MF柏木陽介の負傷により前半13分からプレーしていたMF長澤和輝だっただけに、“全く同じメンバーで臨んだ”という表現も当てはまる顔ぶれと言えた。

 一方の広島は、22日にACLの敵地メルボルン・ビクトリー戦(3-1)に臨んだが、ベンチ入り4人と人数を絞ったうえに、浦和戦と連続スタメンだったのは2選手のみ。残りの9人はオーストラリア遠征を回避して調整し、この浦和戦に臨んだという点で大きな差があったのは事実だ。

 オリヴェイラ監督は「前の試合でかかった負荷、その影響が大きかったと思います。火曜日の試合の消耗の度合いを評価しきれなかったのかなと思っています。間の日数が4日間でしたので、選手たちが十分回復できているという見込みで、本日のメンバーを編成しました。しかし不運なことに、そうではなかったということがあったと思います。また、急激な気温の変化も、そこで悪影響を与えた可能性もあります」と、メンバー選考の部分についての質問を受けるまでもなく、自ら話している。

 現在のサッカー界では、様々な器具を使用しながら科学的に疲労の具合をチェックするのは一般的になっている。一方で、その達成感などに起因する精神的な疲労度を測るのは非常に難しい。そうした意味で、最終的なパフォーマンスに影響を及ぼした可能性は高いのだろう。

1/2ページ

最終更新:5/27(月) 6:45
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事