ここから本文です

「悲惨な午後」 浦和監督、スタメン選びの“失敗”認める「十分回復できていると…」

5/27(月) 6:45配信

Football ZONE web

スタメン変更の可能性も示唆 「メンバーが代わっても私は安心して戦える」

 浦和のDF槙野智章は、この会見でのオリヴェイラ監督の言葉を伝え聞くと「選手の立場でコメントは難しい」としたうえで、「トータルで見れば、浦和はすごく良いゲームをした次にすごく悪いゲームをしてしまっていると思う。北京戦に3-0で勝ったけど、消耗はあった。良いリカバリーをしたつもりでいても、この結果とパフォーマンスを見ればそう言われてしまっても仕方がない」と、反省の弁が口を突いた。

 広島戦の2日前に実施された記者会見でオリヴェイラ監督は、出場機会が少ないメンバーについて「非常に状態の良い選手たちもいます。メンバーが代わったとしても私は安心して戦えます。そしてまだそこまで行き着いていない選手も、大きな努力をしながらその状態を目指しています。選手たちの多数がスタメンでプレーしてもおかしくない状況ができた時、浦和は安定してしっかり戦えると思います」と話しているが、この広島戦は北京戦に出場したメンバーに任せた形だった。

 浦和は、その北京戦で負傷交代した柏木が右膝関節軟骨損傷により24日に手術を実施したことを発表。全治は約4週間とされている。そして、今後は気候的にも夏を迎え、天皇杯も始まる過密日程は避けられない。果たして、オリヴェイラ監督はどのような形で戦力を活用してチームに良いサイクルを与えられるのか。

 リーグ成績が5勝2分6敗と黒星が先行し、次節は川崎フロンターレとのアウェーゲームを迎える。その後にインターナショナル・マッチウィークの中断期間を挟むだけに、川崎戦へのアプローチはチームの今後を大きく左右するものとなるはずだ。

轡田哲朗 / Tetsuro Kutsuwada

2/2ページ

最終更新:5/27(月) 6:45
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事