ここから本文です

メキシコ戦3-0完勝…U-20日本代表に海外記者が感嘆 「テクニックに優れた選手たち」

5/27(月) 6:30配信

Football ZONE web

日本のプレーを海外記者が称賛 「プレッシングは激しく洗練」「ボールを持てば素晴らしい動き」

 U-20日本代表は現地時間26日、ポーランドで行われているU-20ワールドカップ(W杯)グループリーグ第2戦のメキシコ戦に臨み、FW宮代大聖(川崎フロンターレ)の2ゴールとFW田川亨介(FC東京)のゴールで3-0と快勝した。海外ジャーナリストは「日本は非常に印象的」と評し、「技術的に優れた選手たち」と絶賛している。

【一覧リスト】FIFA U-20ワールドカップ ポーランド2019「グループB対戦カード&結果」

 試合は前半21分、MF藤本寛也(東京ヴェルディ)のパスから走り込んだ宮代が左足を振り抜き、シュートはゴール右隅に吸い込まれた。後半7分、右CKで藤本の左足キックから田川がヘディングで追加点を挙げると、同32分には田川のスルーパスから宮代がこの日2点目を決めて3-0と勝利した。

 米スポーツ専門局「ESPN」などに寄稿しているジャーナリストのトム・マーシャル氏は自身の公式ツイッターで「日本は印象的だった」と言及。日本の1点目に関しては「メキシコが集中力を欠いた」と分析し、日本とメキシコの差について次のように続けている。

「(日本は)非常に良く指導されており、プレッシングは激しく洗練され、テクニックに優れた選手たちだった。ライン間はコンパクトで、ボールを持てば素晴らしい動きをする。メキシコは対処することができなかった」

 攻守両面でメキシコを圧倒した日本のプレーに驚いた様子のマーシャル氏。個々のテクニックに加え、チームとしての連動性にも目を奪われたという。海外ジャーナリストを魅了した日本(1勝1分/勝ち点4)は、29日の第3戦で首位イタリア(2勝/勝ち点6)と対戦する。日本は再び好パフォーマンスを見せるか。次戦に注目が集まる。

Football ZONE web編集部

最終更新:5/27(月) 6:30
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事