ここから本文です

失敗を「引きずる人」「糧にする人」の致命的な差

5/27(月) 14:50配信

東洋経済オンライン

 唐突に聞こえるかもしれませんが、仏教では失敗を「仏様から与えられた試練」と捉えるという考え方があります。

■失敗を「試練」として捉える

 「失敗」はただの偶然ではない。それが生じるには何らかの意味がある。そしてそれは決してネガティブな、マイナスの意味ではない。なるほど、今この場においては痛い経験以外のなにものでもないが、実は成長のきっかけになる意味のある経験なのだ、という捉え方です。

 これは“仏”という信仰の対象ありきの思考法ではありますが、実は心理学的にも極めて有効なのです。なぜなら人間のメンタルは「無意味性」にとてももろいからです。それに対して、どんなつらいことでもそれに「意味」や「意義」があるといったん認識できると、人間の心はまるで変身したかのように忍耐強くなり、クリエーティブにすらなるからなのです。

 失敗をしたときに「なんでこんなミスをしてしまったんだろう?」「こうすれば防げたかもしれないのに」とくよくよ悩む次元から脱却して、「この試練を乗り越えれば、私はまだ成長できる。だから、仏様はほかならぬ自分にこの試練を与えたのだ」と捉える。信仰がなくても構いません。

 失敗を自分が成長するために必要な「試練」と捉える。たとえ疑いつつでもいいのです。一度そう意識の中で自分に言い聞かせるだけでも、われわれの心は落ち着き、前向きになっていきます。

 これは、ただの「ポジティブシンキング」とは違う、仏教が持っている、広大で緻密な世界観を背景にした捉え方です。

 失敗したとき、私たちは往々にして、失敗の原因を他人や社会など、「自分以外のもの」に求めがちです。しかし、本当は、失敗の原因というのは、目に見える他人や社会「だけ」ではなく、森羅万象のすべてにつながっています。

 仏教には「因果応報」という言葉があります。この言葉は、「悪いことをすると、めぐりめぐって自分がひどい目に遭う」という理解が一般的だと思いますが、仏教における因果応報というのは、「気づかないうちにやった悪いこと/いいこと」もまた、すべて自分自身につながっている、という考え方です。

4/5ページ

最終更新:5/27(月) 14:50
東洋経済オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ