ここから本文です

元U-21英代表FWがストークをクビに? 原因は飲酒運転か

5/27(月) 22:55配信

フットボールチャンネル

 イングランド2部のストーク・シティが、FWサイード・ベラヒノを解雇したようだ。英『スカイ・スポーツ』が伝えている。

【写真特集】世界最高の選手は誰だ! プレイヤー能力値ランキング(1位~50位)

 元U-21イングランド代表で、ブルンジ代表のベラヒノは、今年2月に飲酒運転で逮捕された。その後はチームのメンバーから外れている。同選手から検出されたアルコール濃度は基準値の約3倍で、7万5000ポンド(約1000万円)の罰金を科された。

 ベラヒノは2022年までの契約を残しているものの、クラブから解雇を言い渡された模様だ。

 『スカイ・スポーツ』によると、ベラヒノ側はクラブの決定に納得していない。関係者が法的措置を検討していると話したことを伝えた。

フットボールチャンネル編集部

最終更新:5/27(月) 22:55
フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事