ここから本文です

窪田正孝「ラジエーションハウス」は好調でも、フジ「月9」がいまだに抱える問題点

5/27(月) 17:00配信

デイリー新潮

 今クールのフジテレビ“月9”(月曜・21時~)枠は、窪田正孝主演「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」が絶好調。このところの世帯視聴率も二桁続きで、“月9”復調と評価する声が増えている。

【写真】ブルーのシースルードレス姿がセクシーな本田翼

 確かに去年冬クール「海月姫」までは、6%台まで落ちることが多かった。その数字と比べると格段に伸びている。ところが年層別の個人視聴率を精査すると、残念ながら復調とは言えない状況が見えてくる。

 何が課題か、追ってみた。

 ***

世帯視聴率復調!?

 17冬から18年冬の“月9”は、「突然ですが、明日結婚します」(西内まりあ主演・17年冬)、「民衆の敵」(篠原涼子主演・17年秋)、「海月姫」(芳根京子主演・18年冬)などで6%台を続発し、低迷の極みにあった。

 それでも15~16年頃は、「ようこそ、わが家へ」(相葉雅紀主演・15年春)、「恋仲」(福士蒼汰主演・15年夏)、「5→9~私に恋したお坊さん~」(石原さとみ&山下智久主演・15年秋)、「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」(有村架純&高良健吾主演・16年冬)の4本が、世帯視聴率の平均で11.2%と堅調だった。

 この世帯視聴率では、「コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命-3rd season」(山下智久主演・17年夏)だけが14.8%と例外的に高いが、これを除くと16年春から18年冬まで一桁に低迷し続けた。しかも上記3本が6%台と、“月9”史上最悪の時期を迎えていた。

 ところが「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」(沢村一樹主演・18年夏)、「SUITS/スーツ」(織田裕二主演・18年秋)、「トレース~科捜研の男~」(錦戸亮主演・19年冬)、「ラジエーションハウス」と二桁が続いている。今のところ平均は11%ある。世帯視聴率では、ほぼ15~16年の水準に戻した格好だ。ただし年層別個人視聴率で精査すると、“月9”は復調したと言いきれない状況が見えてくる。

1/2ページ

最終更新:5/27(月) 22:16
デイリー新潮

記事提供社からのご案内(外部サイト)

デイリー新潮

新潮社

「週刊新潮」毎週木曜日発売

「デイリー新潮」は総合週刊誌「週刊新潮」が発信する最新の話題に加え、専任取材班による綿密な取材に裏打ちされた記事を配信するニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ