ここから本文です

澤円「プレゼンの神」夫と「芸術家」妻が育てる夫婦力

5/27(月) 10:07配信

日経ARIA

ARIA世代の夫婦ふたりは、まさに山あり、谷あり。夫婦それぞれに、歩んできた歴史と物語がある。長年、夫婦取材を重ねてきたノンフィクションライターで編集者の宮本恵理子が、ARIA世代を代表する夫婦を直撃。今回は、「プレゼンの神」と呼ばれる澤円さんと、造形作家として個性あふれる作品を世に放つ澤奈緒さん夫妻。ご自宅に伺うと、驚きの住まい術が!

【関連画像】ここがアトリエ兼仕事場。外見は昭和の雰囲気をまとう築40年のレトロな2階建てアパート(和室2部屋の2Kで家賃5万8000円)だが、室内には最新鋭VRカメラと奈緒さんの作品が並んでいる

(上)澤円「プレゼンの神」と「芸術家」妻が育てる夫婦力←今回はココ

(下)澤円×澤奈緒のリスペクト習慣 仕事の好機を夫婦でギブ

●こう見えて、「超コンパクトな家」に暮らしています

―― 「プレゼンの神」として年間250件以上のセミナーをこなし、登壇依頼が絶えない澤円さんは、自他共認める愛妻家。パートナーである奈緒さんは造形作家として活動し、オリジナリティあふれる作品には熱いファンも。今日は、東京・世田谷にあるお二人のご自宅にお邪魔しました。

円さん&奈緒さん ようこそー!

―― あの、お邪魔して早々にアレなのですが、意外にもコンパクトなお住まいであることにちょっと驚いています! 華やかなご活躍をされているお二人なので、てっきり都心のタワーマンションの最上階で暮らすようなライフスタイルかと思いきや。

円さん ハハハ、意外だってよく言われます(笑)。ここは僕が独身時代から住んでいた築35年のマンションで、間取りは1LDK。でも、二人でも暮らせる広さでしょ。僕も彼女も地面と近い暮らしが好きなので、最上階どころか1階暮らし。思い立ったときにすぐ出かけられるし、ラクなんだよね。

●夫婦の居場所は、現在4拠点!

奈緒さん 最近は「住まいのユニット化」を進めていて、この部屋のほかに、徒歩10分の場所に「私のアトリエ兼彼の仕事場」、私の都内の実家の一部を借りての物置スペース、新たに契約した彼のセミナールームと、メイン+サブ3拠点に。この先、もしどちらかが病気になったりして収入が減ったときには、サブを手放してコスト調整すればいいねって。それに、この3拠点がいい距離感をつくってくれるんですよ。例えばケンカしたときとか。

―― ケンカ、するんですね。

1/3ページ

最終更新:5/27(月) 10:07
日経ARIA

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事