ここから本文です

野村克也が語る「内角打ち」

5/28(火) 10:00配信 有料

週刊ベースボールONLINE

内角球も軽~くさばいた『シュート打ちの名人』

坂本勇人の内角打ちの巧みさは筆者も認める/写真=桜井ひとし

 バッテリーにとって、最も難しいのは内角球の考え方、使い方だ。私自身も現役時代はもちろん、指導者として自軍のキャッチャーに配球を指導するとき、そこはしっかり叩き込んでいた。一方、バッターの立場としては、内角球に対して苦手意識を持つと、バッティングで最も大切なカベが崩れるなど、欠点が出やすくなってしまう。

 私たちの時代、『内角打ちの名人』といえば、山内一弘(元毎日ほか)さんだった。言い替えれば、『シュート打ちの名人』である。

 打席に入ると、まずバットを持つ両手首をグルグル回転させ、柔らかく力を抜いた状態にしてピッチャーの投球を待つ。ステップは狭く、重心を残した後ろ側の足を軸に、体をクルッと回して、インコースをさばく。このとき、内角高めの球に詰まっても、(右打者なら)左のヒジを突き出すようにして抜き、力を外側に逃がしてやると、バットは自然と振り切れるというわけだ。それが山内さんの内角をさばく、技術的手法だった。

 バッターは内角が来ると、どうしても力が入って、ステップが広くなってしまう。そして体が開き、ボールをフェアゾーンに運ぶのが難しくなる。山内さんのように内角をうまく打てないバッターにとって一つの対処法は、バットを短く持って対応すること。それが、私の内角打ちである。

 人間というのは、どこかにラクをしたい本能がある。苦しくなってくると、だんだん体が開いてしまうのだ。内角球に限らず何事も、ラクをしたら、いい結果は出ない。ラクをしながら難しい内角球をさばこうなど、とんでもない話である。

 私も実際45歳まで現役を続けたが、内角球の対応はどんどん苦しくなっていった。反射神経が鈍り、下半身が回らなくなってくる。体のキレが悪くなる。そして内角球に詰まり出すと、すべてに悪循環が生じてしまう。体が開いて外に届かなくなり、ついには外角まで打てなくなるのだ。行く末は、引退だ。

 キャッチャーの目から見た山内さんは・・・ 本文:1,985文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込216
    使えます

記事購入にも使える108ポイント獲得できるチャンス

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

週刊ベースボール

最終更新:5/28(火) 10:00
週刊ベースボールONLINE

おすすめの有料記事

使えます

もっと見る