ここから本文です

バッターは頭の中をすっきりと【大島康徳の負くっか魂!!第108回】

5/29(水) 10:00配信 有料

週刊ベースボールONLINE

大谷よ、隔年二刀流を

好調を維持する巨人・坂本

 いやあ、すごかったですね。エンゼルスの大谷翔平がツインズ戦で打った今季初ホームラン。バックスクリーン左への特大弾でしたが、大谷のバッティングは、メジャーでも通用するどころか、別格になりつつあります。しかも、まだ24歳でしょ。とんでもない選手です。

 僕は、ずっと大谷について思っていたことがあります。たまたま、イチローも先日の引退会見で同じことを話していましたが、二刀流ではなく、1年を通して、投手として、野手として、どこまでやれるのか、どんな記録を残すのか、隔年で見てみたいのです。

 要は“隔年二刀流”です。2つを常に両立させることは確かに素晴らしいのですが、疲労がたまり、故障のリスクも上がるし、どちらの記録も中途半端になって、なかなかタイトルに届きません。野球は記録がすべてではありませんが、やはり大きいものです。特にメジャーですからね。1つでもたくさん獲ってほしい。

 イチローは「20勝の翌年、ホームラン50本」と話していましたが、確かに、そんなことができるのは、世界中を見渡しても大谷翔平1人しかいないでしょう。そうだ、一応、断っておきます。イチロー、君の意見をマネしたわけじゃないよ。本当に、ずっとそう思っていたんだ。

 日本に目を移せば、巨人の坂本勇人が開幕から36試合連続出塁のセ・リーグ新記録達成と、好調を維持しています。

 たまには、技術論について書いてみたいと思います。

 彼は、以前は足を大きく上げていましたが、いまはかなり小さくし、しかも二段ステップのように、一度、引いてから上げるという動きになっています。タイミングの取り方は、各バッターが試行錯誤するものですが、坂本の場合、一気に増えた投手の二段モーションに対応しているのかなと思います。

 スイングの特徴は、うまくボールと・・・ 本文:2,777文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込108
    使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

週刊ベースボール

最終更新:5/29(水) 10:00
週刊ベースボールONLINE

おすすめの有料記事

使えます

もっと見る

Yahoo!ニュースからのお知らせ