ここから本文です

韓国大統領弾劾請願20万人超

5/29(水) 18:03配信

Japan In-depth

【まとめ】

・文在寅大統領の弾劾を求める大統領府への国民請願20万人超。

・就任演説は「ウソの作文」。数々の公約破り。

・文大統領の失政の原因は「金正恩第1主義」。

【注:この記事には複数の写真が含まれています。サイトによっては全て表示されないことがあります。その場合はJapan In-depthのサイトhttps://japan-indepth.jp/?p=46030でお読みください。】



韓国文在寅(ムン・ジェイン)大統領の弾劾を求める青瓦台(大統領府)への国民請願が、5月27日午前(請願締切日は30日)、要回答基準ラインの20万人を超えた。青瓦台は今後30日以内に文大統領の弾劾に関する答弁をしなければならない。

請願人は4月30日、「文在寅大統領の弾劾を請願します」と題して「私も朴槿恵(パク・クネ)前大統領の弾劾集会に参加し、ろうそくを持って改革を叫んだ勢力」とし「国会議員が文大統領の弾劾訴追案を出してほしい」と要求し、「文大統領は国軍統帥権者だが、北の核開発を放置して黙認し、国民を潜在的な核人質にしており、非核化していないにもかかわらず軍の対応態勢を緩めるなど常識に外れる行動をしている」という弾劾事由を提示した。また「人権弁護士の文大統領が北朝鮮の独裁政権治下で発生する処刑、拘禁、拷問について一言も語らない」とも主張した(中央日報日本語版2019年5月27日)。



■ 文在寅大統領の就任演説は「ウソの作文集」

5月10日で文在寅大統領就任からちょうど2年となるが、文大統領が行った就任演説の内容とその間に彼が行った政治を照らし合わせると、就任演説は一言で「ウソの作文」だったと言える。

文大統領は就任演説の冒頭「あえて約束したい。2017年5月10日は本当の国民統合の日として歴史に記録されるだろう」「今日からは私を支持しなかった方たちに対しても、わが国民として心から仕えたい」などと述べ、「大統領の帝王的な権力をできるだけ分散する」「権力機関は政治から完全に独立させる」と述べた。

しかし政権を掌握すると、検察をはじめとする権力機関に自身の「忠犬」を送り込み、「積弊清算」という名の人民裁判に等しい弾圧によって、右派と保守政権につながった人たちを徹底的に排除した。

朴槿恵前大統領は罪状確定前に弾劾裁判を受け、拘束されたまま数々の罪状を被せられた。元大統領の李明博氏も10数年前の疑惑を蒸し返され、長期間の拘置所生活を余儀なくさせられた。捜査を受けた前政権関係者は110人を上回り、4人が自殺した。「人権弁護士出身」と言われる文大統領によって、朝鮮王朝時代のおぞましい士禍(反対派への無慈悲な粛清・弾圧)がよみがえったのである。

文大統領は、保守の牙城とも言える国防部内の保守派を壊滅させるために、腹心を次官として送り込み実権を掌握させた。そして存在もしなかった「戒厳文書」をでっち上げ機務司令部(韓国軍の情報部隊)を解体・掌握した。

文大統領は、「不通(意思疎通ができない)大統領」と指弾された朴前大統領を意識してか、「準備を終えれば大統領府から出る。帰宅の時は市場に立ち寄り、市民と対話する」と言っていた。しかし実際は「帰宅時に市場に立ち寄る」こともなく、立ち寄ったと思えば自動小銃をちらつかせたボディガード付きだった。

「懸案は大統領自らメディアに説明する」などとも言っていたが、実際に会見を行ったのはこの2年間でたった3回だった。それも「国内の問題については質問を受けない」との条件付きである。国民との意思疎通のために青瓦台を光化門に移すと言っていたが、「リフォームの費用がかかる」「行政がやりにくくなる」などと言い訳し、結局この約束も破った。

1/3ページ

最終更新:5/29(水) 18:03
Japan In-depth

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい