ここから本文です

プロとしては情けないエラー。基本の徹底をしっかりと行え!【伊原春樹の「野球の真髄」】

5/30(木) 10:00配信 有料

週刊ベースボールONLINE

5月15日の阪神戦[東京ドーム]の6回、打球をファンブルしてゲッツーを取れなかった巨人二塁手の山本/写真=小山真司

 都市対抗野球大会に向け、私もコーチを務める茨城トヨペットが5月11日、1次予選・県大会2回戦(日立市民)の大宮クラブ戦に臨んだ。試合は11対4で勝利したが、試合は乱戦模様。大宮クラブのエラーは6、茨城トヨペットは4を数えた。エラーは野球に付き物。特にプロに比べて技量の低いアマチュアだから、エラーが頻発するのは仕方がない。だが、プロでイージーなエラーを犯すのは、大いに反省してもらいたい。

 そんなシーンが今季、やけに目につく。例えば5月10日の巨人対ヤクルト戦(東京ドーム)。4回表終了時、5対0と大量リードしていたヤクルトだが、その裏、先発の小川泰弘が先頭から4連打、犠牲フライで2点を奪われる。一死一、二塁から代打の大城卓三には四球を与え満塁。ここで、続く代打の阿部慎之助を迎えた。

 苦しいピッチングとなっていた小川だが、阿部をボテボテの投手ゴロに打ち取る。ゲッツーでチェンジか、と思われたが・・・ 本文:1,353文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込110

    PayPay残高使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

週刊ベースボール

最終更新:5/30(木) 10:00
週刊ベースボールONLINE

おすすめの有料記事

PayPay残高使えます

もっと見る