ここから本文です

小島秀夫監督『DEATH STRANDING』緊迫のトレイラー映像 分断する世界を背景に“繋がり“がテーマ

5/30(木) 14:49配信

KAI-YOU.net

「メタルギアシリーズ」の生みの親としても知られているゲームデザイナー・小島秀夫監督の最新作『DEATH STRANDING』が11月8日(金)に発売されることが決定した。

【画像】分断された都市に“橋”をかける主人公

同時に、日本語版トレイラーを新たに公開。吹き替え版の主要メンバーのキャストが明らかになり、また英語版とは一味違った映像となっている。

『DEATH STRANDING』とは

小島秀夫さんのゲーム制作会社、コジマプロダクションは2016年にゲームイベント「E3 2016」において『DEATH STRANDING』の制作を発表、その後わずか3年間で完成にこぎ着けた。

内容は“デス・ストランディング”の発生によって、引き裂かれ、分断され、繋がりを失い滅亡の危機にさらされていた人類に、主人公のサム・ポーター・ブリッジズが“未来”を運ぶ任務に赴くストーリー。

“デス・ストランディング”とは何なのか。予想を凌駕するゲーム体験、衝撃の展開が待ち受けるようだ。

キャストは主人公のサム・ブリッジズを演じるノーマン・リーダスさんをはじめ、テレビシリーズ版『ハンニバル』でレクター博士を演じたマッツ・ミケルセンさん、さらにレア・セドゥさん、リンゼイ・ワグナーさんら世界的名優たちが出演。

トレーラー映像はゲームか現実か錯覚する瞬間があるほど、リアルに再現されている。

また、本日公開された日本語版のトレイラーでは津田健次郎さん、山路和弘さん、水樹奈々さん、坂本真綾さん、石住昭彦さん、大塚芳忠さん、大塚明夫さん、三上哲さん、井上喜久子さんら豪華声優陣の参加も発表された。

小島秀夫監督は今回の作品と公開したトレイラーについて、分断が加速する世界を背景に、「物語や世界観、ゲーム性の全てが“ストランド(繋がり)“というテーマに結びつくように創られています」とコメントしている。

予約受付は、本日5月30日(木)より開始されている。

吉谷篤樹

最終更新:5/30(木) 14:49
KAI-YOU.net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事