ここから本文です

吉沢悠、連ドラ初主演後に休業した真相「このまま仕事を続けたら潰れてしまう」

5/30(木) 11:00配信

週刊女性PRIME

「進むべき道が見えなかったので、当時の僕には1度立ち止まる選択肢しかなかったんです」

【写真】吉沢悠の鍛えられたマッチョボディ&渋カッコいい表情

 5月31日に主演映画『ライフ・オン・ザ・ロングボード 2nd Wave』が公開される吉沢悠(ひさし)。今回演じたサーファーさながらに、“休業”という形で1度、芸能界から逃げ出した彼自身のこれまでの役者人生を振り返ってもらった。

このまま仕事を続けたら潰れてしまうと…

 ’97年、吉沢悠(ゆう)の芸名でデビュー。事務所所属からほどなくして、人気ドラマに出演。その愛らしいルックスもあり、アイドル俳優に見られることも多かった。

「人前で何かをやるのが苦手な性格を克服するためにカラオケを始めたんです。通っていた店にオーディションのポスターが貼られていて、優勝特典のハワイ旅行目的でオーディションに応募しました(笑)。

 その会場でスカウトされて演技を始めたのも表現がうまい人になりたいからというのが動機だったので、アイドルっぽく見られることには気恥ずかしさがありました。でも、お金をいただいているからには、求められることをしなくてはいけないと、街中で声をかけられたときは無理して笑顔で対応したり。でも自分にはもともとそういう要素がなかったので、世間とのギャップに悩むことはありましたね」

 また「もともと器用ではない」性格もあり、ドラマ『動物のお医者さん』(’03年放送)で連ドラ初主演を経験したことで、1度、休業を考えるようになる。

「ありがたいことにデビューしてから続けて仕事をいただけたのですが、僕は準備に時間がかかるタイプ。社会経験もないまま、自分とは違う役を演じ続けた結果、僕自身のストックがなくなってしまったんです。そんな中、主演をやらせてもらったことで、少しパニックになってしまって……。このまま自分をコントロールできないまま仕事を続けたら潰れてしまうと思い、1回、立ち止まる決断をしました」

 主演映画も公開され、最高の波が来ていたにもかかわらず’05年に休業。

「先輩たちからは“もう1回やろうと思っても、うまくいくほど甘い世界ではないよ”といったアドバイスもたくさんいただきましたし、すごく理解できました。でも自分が置かれた状況を理解できるのは自分だけ。なので休業後は環境を変えるために半年ニューヨークへ行くことにしました」

 短期ながら留学したことで、自分を見つめ直せたと振り返る。

「会社の後ろ盾もなく、日本での俳優のキャリアも通用しない場所に身を置いたことで、ひとりの人間として何ができるか? ということを考えられたし、日本でガチガチになっていた頭を柔らかくしてくれました。ブロードウェイミュージカルを見たときに、自分もまた舞台に立ちたいなと思い、復帰することを決めました」

1/2ページ

最終更新:5/30(木) 15:03
週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」8/13号

特別定価420円(税込)

「週刊女性PRIME」では「週刊女性」本誌の一部記事のほか「週刊女性PRIME」独自の記事を読むことができます。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事