ここから本文です

「政権よりカラオケ」枝野幸男の背信〈1.8億円結党スポンサーも「距離を置く」〉【全文公開】

5/30(木) 11:00配信 有料

文春オンライン

中・高合唱部で、弁護士出身の枝野氏

「(欅坂46の)『黒い羊』は私のために歌詞を書いてくれたんだろうと思うような歌詞だったんですが、私以上にピッタリと歌詞がはまるNGTを辞めた山口真帆に、私の持ち歌をとられた。(略)『説得される方が居心地悪くなる』、素晴らしい歌詞でありまして――」

 5月25日、地元・大宮市でのタウンミーティングでそう饒舌に語っていたのは、立憲民主党の枝野幸男代表(54)。集まった年配の支持者たちはポカンとするしかなかった。 本文:2,958文字 写真:5枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込108
    使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

「週刊文春」編集部/週刊文春 2019年6月6日号

最終更新:5/30(木) 11:00
記事提供期間:2019/5/30(木)~2020/1/25(土)
文春オンライン

おすすめの有料記事

使えます

もっと見る