ここから本文です

【中国風刺画コラム】怪しげな漢方で中国の伝統復興?

5/31(金) 17:43配信

ニューズウィーク日本版

<日本人は漢方に対して特に抵抗がないようだが、発祥地の中国ではいつも賛否両論になる>

米中貿易戦争真っただ中のいま、中国の米国製品への報復関税、特に糖尿病治療用のインスリンを含む医薬品の25%への関税引き上げが物議を醸している。

「これは一体米国への報復なのか、それともわれわれ庶民への報復なのか」「なぜ贅沢品じゃなく、西薬の関税を引き上げるの? 中医復興のため?」。「西薬」とは西洋の薬、漢方薬は中国語で「中薬」と呼ぶ。中医とは中国の医学、漢方を指す。

日本人は漢方に対して特に抵抗がないようだが、発祥地の中国ではいつも賛否両論。中国のSNS上で中医の話題を持ち出すと、決まって賛成派と反対派の口げんかになる。

賛成派は中医が中国の優れた伝統文化で、ノーベル生理学・医学賞を受賞した屠ヨウヨウ(トゥー・ヨウヨウ)も伝統的中国医学を学んだと主張。反対派は何の科学的な根拠もない偽物だ、先祖代々だと自称する民間の年老いた漢方医を見れば分かると猛反発する。

確かに民間の漢方医には荒唐無稽な処方が多い。例えばかまどの灰をお湯に入れ、子供に飲ませて消化不良を治すとか、「童子尿(男児の尿)」を飲む療法は病気が治るだけではなく、健康促進にもなるという。この飲尿療法に頼る人はかなりいるらしい。今でも浙江省東陽市では、「童子蛋」というゆで卵が地元名物として高く売られている。童子蛋売りのおばあさんは「童子蛋はいかがですか。スープでもおいしいよ!」と声を掛けるが、「スープ」は卵を煮込んだ童子尿のことだ。

中国は今、「中国の夢」の実現を目指して「伝統文化を全面復興せよ」と呼び掛けている。漢方も伝統文化の一部として政策的に手厚く保護されており、保険の適用対象でもある。その結果、中国の病院では西洋薬より漢方薬のほうに長い列ができる。漢方薬のほうが値段が安いからだ。

中国政府は、漢方をもっと推進するため、伝統的な漢方の処方箋を基にした新薬を売り出す場合、臨床試験の免除も可能と発表した。病院や漢方業界にとってはうれしいニュースだが、患者にとって福音かはどうか全く疑問。伝統復興と人間の命のどっちが大事なのか、言うまでもないことだ。

【ポイント】
屠ヨウヨウ
1930年浙江省生まれ。北京大学薬学科を卒業後、中国伝統医学を学び、抗マラリア薬アーテミニシンを発見。15年に、本土で研究を続けた中国人として初のノーベル賞を受賞した。

童子蛋
「男子の卵」の意味。浙江省東陽市で数百年続く伝統料理で、男子の尿でゆでた卵の殻にひびを入れ、さらに煮込んで1日がかりで作る。10歳以下の男の子の尿が珍重される。東陽市の無形文化遺産。

<本誌2019年06月04日号掲載>

ラージャオ(中国人風刺漫画家)/唐辛子(コラムニスト)

最終更新:5/31(金) 18:55
ニューズウィーク日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ニューズウィーク日本版

CCCメディアハウス

2019-9・24号
9/18発売

460円(税込)

【特集】日本と韓国 悪いのはどちらか
終わりなき争いを続ける日本と韓国── 泥沼の関係に陥った本当の原因と「出口」を考える

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事