ここから本文です

『いい子ほど結婚できない!? 2年半の婚活の末に結婚を掴んだ女性が変えたこと、変えなかったこと』植草美幸

5/31(金) 21:40配信

with online

婚活には現実を受け入れていく柔軟さが必要

お相手は慶応卒、年収750万円、身長180cm。この女性が婚活当初から挙げた条件を満たした男性。ひとつだけ女性が条件として譲ったのは、結婚後も仕事を続けることでした。お父様が理想の男性像ですから、理想の夫婦像もご両親。お母様が専業主婦だったこともあって当初は専業主婦を希望していたけれど、実際に婚活をしてみると昭和の専業主婦が多かった時代とは違い、男性が女性に求めるのが家事、育児だけではないことが分かって、お相手の男性が希望している共働きを受け入れたの。そして、めでたく成婚。

マリーミーでは1年以内で成婚する会員が多い中、2年半に及んで婚活をしたこの女性は、婚活アドバイザーとしてたくさんの人にお会いした中でも一番と言っていいぐらい根性があったわ。親という存在が大きかった女性にとって、婚活は初めて自分一人で社会と向き合うことだったかもしれない。それでも根気よく婚活を続け、ご両親の結婚生活を真似るのではなく、自分の結婚生活を想像して取捨選択できたことが、彼女の勝因。高い理想を求めながらも現実を受け入れていく柔軟さがあれば、きっと結婚生活もうまくいくはずよ。


*個人情報保護のため、一部アレンジしています。

【植草美幸】婚活アドバイザー

結婚相談所マリーミー代表、株式会社エムエスピー代表取締役。アパレル業界に特化した人材派遣会社エムエスピーを設立し、そこで培ったマッチング能力・人材発掘能力を生かし、結婚相談所マリーミーを設立。

2/2ページ

最終更新:5/31(金) 21:40
with online

記事提供社からのご案内(外部サイト)

withonline

株式会社講談社

2018年12月号
10月26日発売!

定価680円

メインターゲットの20代オシゴト女子の
幸せなライフスタイルを「with」が
全面サポートします!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい