ここから本文です

NGT48問題がもたらす新潟経済への影響は? 『ご当地アイドルの経済学』著者が解説

5/31(金) 12:30配信

リアルサウンド

 元NGT48の山口真帆が、大手事務所研音に所属したというニュースは、かなりの注目を集めた。研音の公式サイトにはニュースが流れたことで、多くのアクセスが集中して、一時期つながりにくくなっていた。

 公式サイトには、山口の言葉が次のように掲載されていた。

「温かく迎えてくださり、新たな一歩を踏み出すきっかけをいただいた研音と、応援してくださる皆様への感謝の気持ちを忘れずに、また一から自分を磨き、これからの活動を頑張っていきたいと思います」

 研音は日本の芸能界を代表する何人もの大物俳優・タレントらが所属していて、山口の再出発には最適の環境だと思われる。おそらく多くの人たちは彼女にエールを送っているだろう。また同時に卒業した菅原りこはソロ歌手の道を、そして長谷川玲奈は声優を目指すという。彼女たちの選択が実り多いものであることを祈りたい。

 本論とはずれるが、NGT48のデビュー段階で書いた『ご当地アイドルの経済学』(イースト新書)で明記したことだが、筆者は当時のNGT48で注目する5人の名前をあげ、その中で菅原りこにも注目していた。今回の事件を契機にして、筆者は菅原りこの活動にファンとして特に注目していきたいと思う。

 もちろん山口たち三人がNGT48を離れたことで、今回の問題が解決されたわけではまったくない。特に暴行事件の発覚から今日まで、NGT48の運営主体であるAKSに対しては世間の目は厳しいままだろう。実際に、NGT48をこれまで支援したり、協賛していた新潟の地元自治体や企業は、現段階でイベント出演や広告などを自粛したままである。筆者が改めて指摘するまでもないが、暴行事件の被害者が、所属する事務所に対してその対応を批判し続けたことは、実に深刻な事態だった。

 この深刻な事態は、山口たちが卒業してからも続いている。これは卒業公演がテレビで放送中だったが、NGT48の中核メンバーである加藤美南のInstagramへの不適切な投稿は衝撃を与えた。また筆者が注目しているのは、NGT48の劇場支配人である早川麻依子氏が突然、Twitterを開始し、今回の問題についての事務所側の立場を説明し始めたことだ。このこと自体は評価が分かれることかもしれない。他方では企業の広報活動としてはありえるという解釈も成立する。

 だが、筆者の意見は違う。山口は今回の卒業を決意した中で、「ここにはアイドルをできる居場所はない」と説明していた。これはNGT48側と山口との不協和音を示す言葉だろう。暴行事件の被害者が結局は、そのアイドルとしての活動の場を追われたことになる。このタイミングでの早川支配人のTwitterでの説明は慎重に行うべきだったろう。山口らが去っていったこのタイミングでは、あまりに事務所本位すぎるとみなされてしまう。詳細は省くが、予期できたことだが、炎上騒動に発展してしまい、企業の広報活動としては、うまくいっていない。

 NGT48には有望なアイドルが多く所属し、このまま彼女たちが活躍の場を十分に得ることができないのは残念だ。だが、これは筆者が指摘するまでもなく、事務所のマネジメントが自ら招いている事態だということは明らかだ。いくつかのメディアから、「NGT48の再生にはどうすればいいのか?」と聞かれることがある。この問いはNGT48が新潟で経済的な成果を再びあげることができるか、という問いにもなる。

 『ご当地アイドルの経済学』の中で、2015年時点での日本全体の女子アイドル市場を試算したことがある。詳細は同書を参照にしてほしいが、いくつかの前提をみたせば、潜在的なアイドル市場の規模は2500億円ほどであった。県内総生産の規模から推測すると、新潟県のアイドル市場は、潜在的に約45億円ほどだと思われる。このうちNGT48はそのかなりのウェイトを占めただろう。この数字には、地元の自治体や企業とタイアップしたイベントでの集客とその関連の売り上げ、メディア出演での宣伝効果なども含まれている。

 特にNGT48が、新潟のイメージアップに貢献した影響は、この数年顕著なものがあった。どの地方もそうだが、文化的なコンテンツで地元のイメージをPRすることが難しい中で、NGT48の貢献は目覚ましかった。それだけに今回の事件は、まさに逆流とでもいうべきマイナスの経済効果を生み出している。

 あくまでも試算にすぎないが、派生効果も含めて考えると、地方自治体や企業のタイアップなどの自粛が続くとすると、年間で約35億円前後の市場損失になる可能性がある。もちろんNGT48の穴があいた部分を、他の有力なアイドル(NegiccoやRYUTistなど)が埋める可能性があるが、それでも規模的には限定されるだろう。いずれにせよ、あくまで目安の数字にしかすぎない。

 問題はこのような数字ではなく、アイドルのもたらす癒しや夢が毀損したことだろう。「NGT48の再生にはどうすればいいのか?」との問いは、あまりにも答えるに重い質問である。

田中秀臣

最終更新:6/3(月) 10:12
リアルサウンド

記事提供社からのご案内(外部サイト)

リアルサウンド

株式会社blueprint

音楽と映画を対象とする総合カルチャーサイトです。各ジャンルのニュースから、第一線のライターによる作品レビュー、業界分析記事まで、多彩な記事をお届けします。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事