ここから本文です

高まる米国とイランの緊張 トランプ劇場に勝算はあるか

5/31(金) 18:00配信 有料

週刊東洋経済

イラン最高指導者・ハメネイ師は、「戦争は求めていない」とツイッターに投稿した(KHAMENEI.IR/AFP/アフロ)

<2019年6月8日号> 米国・イラン関係の緊張が続いている。トランプ米大統領は、5月12日、ホルムズ海峡でサウジアラビアなどのタンカーが何者かの攻撃を受けたことに対して、米空母打撃群と爆撃部隊を中東に派遣した。米国はイランの関与を疑っている。 本文:1,426文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込54
    使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

渡部 恒雄 :笹川平和財団 上席研究員

最終更新:5/31(金) 18:00
週刊東洋経済

おすすめの有料記事

使えます

もっと見る

Yahoo!ニュースからのお知らせ