ここから本文です

ごみの分別でポイント付与 ビッグデータで社会問題解決

5/31(金) 18:00配信 有料

週刊東洋経済

南京市のごみ収集システムでは、分別の励行でためたポイントを野菜や食品油などに交換できる(撮影:梶谷 懐)

<2019年6月8日号> 前回の拙稿(4月27日・5月4日合併号掲載)で、地方政府が民間会社と提携して、市民のさまざまな行動を評価して「スコアづけ」する動きがあることを紹介した。このようなスコアづけでなくても、市民からのデータ収集を通じて公共性を実現しようとする試みは、中国の各地において進んでいる。その1つの例として、ごみの分別収集に関する江蘇省南京市の試みを紹介しよう。 本文:1,476文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込54
    使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

梶谷 懐 :神戸大学教授

最終更新:5/31(金) 18:00
週刊東洋経済

おすすめの有料記事

使えます

もっと見る