ここから本文です

「エド・シーラン=保守的な白人フォークシンガー」という誤解の影に潜む“優れた"越境性"を柴那典が分析

5/31(金) 22:59配信

Rolling Stone Japan

ポップシーンが完全に北米中心となった2010年代後半に、メインストリームの最前線をひた走る唯一のイギリス勢がエド・シーランだ。“2017年にアメリカでもっとも売れた曲”である「シェイプ・オブ・ユー」や、全米1位を6週に渡って獲得した「パーフェクト」を筆頭に、彼がかかわったヒット曲は数えきれない。“ポップなフォークシンガー”という表層的な理解ではとらえきれない、彼の本当のすごさはどこにあるのか? 音楽ジャーナリストの柴那典が紐解く。

写真1点:「エド・シーラン=保守的な白人フォークシンガー」という誤解の影に潜む“優れた"越境性"を柴那典が分析

現在のポップシーンにおいて最も過小評価されているミュージシャンの一人がエド・シーランなのではないかと思っている。

もちろんセールスは記録的だ。グラミーもブリット・アワードも受賞している。だが「売れた」というイメージが先行し、本人のルックスやキャラクターも親しみやすく、楽曲のモチーフもシンプルなラブソングが中心であるがゆえに、その音楽的な多面性と革新性が十分に伝わっていないんじゃないかという歯痒さがある。下手したら、単なる売れ線のフォークシンガーと目されている向きもあるかもしれない。だとしたら全然違う。

エド・シーランは、ものすごく沢山の引き出しを持ったミュージシャンだ。ループペダルを駆使して一人でステージを成立させるパフォーマンスも目立つが、特筆すべきはそれだけじゃない。メロディの構成力からリズムの跳躍力と低音の共振性へと音楽的な快楽の重心が移り、北米が完全に磁場の中心になった2010年代後半のポップシーンにおいて、英国人の男性シンガーソングライターとして、唯一その潮流に相対しヒット曲を量産しているミュージシャンが彼である。

2017年のチャートを席巻した「Shape Of You」はダンスホールを“取り入れた”サウンドと紹介されることも多いが、そういった曲調を“要素として取り入れた”というよりも、そもそもワンループから組み立てる彼のソングライティングの基盤にそことの親和性があると言ったほうが近いだろう。

1/2ページ

最終更新:5/31(金) 22:59
Rolling Stone Japan

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Rolling Stone Japan vol.06

CCCミュージックラボ

vol.06
2019年3月25日発売

1000円(税抜)

特集:HYDE
ヒプノシスマイク
モーニング娘。’19 ライブの舞台裏
特集「今のポップシーン」の主役たち

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事