ここから本文です

「黒い乙女Q&A」主演の浅川梨奈、ホラー作品は『見るのは苦手、やるのは楽しい』

5/31(金) 10:00配信

ザテレビジョン

女優として活躍中の浅川梨奈(なな)が、5月31日(金)より公開される映画「黒い乙女Q」、ならびに続編となる8月16日(金)公開の映画「黒い乙女A」で主演を務める。今年1月にアドルグループを卒業し、本格的に女優として歩み始めた浅川にインタビューを敢行。作品の見どころの他、自身の役柄、共演者の印象など話を聞いた。

【写真を見る】芽衣(浅川梨奈)の背後には人影のようなシルエットが

――非常にインパクトのあるタイトルかと思います。最初に聞いた時の印象を教えてください。

タイトルだと「どういうことなんだろう」という感じで、いまいちストーリーの想像がつかなかったんですが、「Q&A」ということなので、たぶん「問題・答え」ということかなと思いました。

どういうふうに“答え合わせ”をしていくのかなと思ったんですが、脚本を読んだ時に、私がすごく好きな世界観だったし、「Q&A」という理由も分かりました。

伏線と回収という、すごく新感覚のホラー作品なんだなと思いました。グループ卒業後に撮影した作品で初主演がこの作品になるので、自分にとっても意味のある作品だなと思いました。

――佐藤佐吉(さきち)監督とはどんなお話をされましたか?

佐吉さん自身が、俳優業もされているし監督業も脚本業もされているオールマイティーな方なので、合間にたわいもない話もすれば、本番中にはお芝居のお話もさせていただきました。

私が「こう思っているんです」っていうのを言ったら、その意図をくんでくださることが多くて。割と私の思っている、考えてきた芽衣(めい)で演じさせてくださったので、すごく自由にやらせていただきました。

大事なところでは、私と監督とラナ役の北香那ちゃんと3人で時間をかけて話し合う時もあったので、いい空気感でお芝居ができたなと思ってます。

――“姉妹”役として共演する北さんとは今回が初めてということですが、どんな印象でしたか?

私が言うのは違うかもしれないんですが、とてもお芝居がうまくて、一緒にやらせていただいて、よりリアルな気持ちになるというか、もちろんそういう気持ちでやっているんですけど、香那ちゃんと演じていると、より自分もその世界に引きずり込まれるような感覚になるので、すごいなと思いました。

すごいリアルなんですよね、お芝居の仕方が。感情の起伏とか、ちょっと壊れている描写とか、すごいなと思って、ご一緒できてうれしかったです。

――北さんと共に高校生役ということで、“制服”はいかがでしたか?

今言われて「そういえばそうだった」と思ったんですけど(笑)。何も気にせず制服着てたなと。あと2~3年はいけるんじゃないかな(笑)。25歳以上になったら先生役の方にシフトさせていただけたらいいなと思います。先生役もいつかはやってみたいですね。でも先生役を1回やってしまったら、もう生徒に戻れなくなってしまうのかなと思うので、できるだけ長く生徒役をやりたいですね(笑)。

――お父さん役の和田聰宏さん、お母さん役の三津谷葉子さんはいかがでしたか?

今回が初めてだったんですが、和田さんがすごいんです(笑)。和田さんと三津谷さん、大先輩のお二人とご一緒させていただくということで、「自分は主演だけどどうしよう」と思っていた部分があって。

いつも同世代の子たちといると、「自分が空気を作らなきゃ」って思ってやることが多いんですが、お二人が率先して話し掛けてくださったりとか、率先してふざけたことをしてくださったりとかするので、私たちも変に気を使い過ぎることなく自然体でいることができて、身を委ねられました。

ただ和田さんは常にふざけて笑わせてくるので、せりふが終わった後にふざけたことを言ったり、わざと変な言い方をして笑いそうになったりとか、本当にすごかった(笑)。

私たちがあまりにも和田さんに笑っちゃうので、カットが伸び過ぎて、三津谷さんが「和田さん!」って言うところもあって、本当に夫婦みたいだなと。本当に優しくて、アットホームな現場でした。

――今作は、新感覚ジャパニーズホラーということで、いわゆる“ホラー作品”とは一線を画す作品かと思いますが、浅川さんは一般にいわれているホラー作品はお好きですか?

ホラーは一切見られないです(笑)。CMもダメで…本当苦手なんですけど、ホラー映画とかなぜか巡り合うことが多くて。最近思うのが、ホラー作品って見るのは苦手だけど、演じさせていただくのはすごく楽しいんです(笑)。

今回撮影も楽しくやらせていただいたんですが、いざ映像で見た時に「やっぱ怖いな」と思いました(笑)。でもこの作品は、お化けとか血っていうホラーじゃなくて、人間の心理的な部分のホラー要素が強いので、苦手な方でも見ていただけると思います。

――作品のタイトルにちなみ、浅川さんに“黒い”部分ってありますか?

私の黒い部分ですか? 基本が黒いです(笑)。基本ずっとこんなんです。ずっと闇を抱えていそうって言われているんですけど、果たしてそれが何の闇なのか、自分でもよく分からないです。最近どれが本当の自分なのか、分からなくて、現場によって人間が変わり過ぎて、そこはある意味黒い部分かなと。自分を最近見失っているんです(笑)。

――逆に“乙女”な部分ってありますか?

いやぁ~もう乙女です! 私めっちゃ乙女です! めっちゃ乙女! 割とこう見えて純粋なんです! いつもケラケラしていますけど、意外とピュアなんです(笑)、意外と。でも『そんな乙女な部分は好きな人にしか見せません』…うわぁ~気持ち悪い~自分で言って鳥肌立っちゃった(笑)。すっごい気持ち悪かった(笑)。

――では最後に「黒い乙女Q」から「黒い乙女A」に向けての見どころをお願いします。

今回の「黒い乙女Q&A」、「Q」の公開と「A」の公開で3カ月開くんですけど、「Q」の方で巻き起こること全部が伏線になっているので、ぜひ皆さんにも劇場でその伏線の回収もしていただきたいです。

ホラーというよりも新感覚かつ心理的な恐怖という部分が大きいので、お化けとかが苦手な方でも見られると思いますし、こういった作風が好きな方は意外と多いと思うので、ぜひ劇場に足を運んでいただいて、一緒に人間の怖さを実感していただけたらなと。この世で一番怖いのは人間なんだぞというところを感じていただけたらうれしいです。(ザテレビジョン)

最終更新:6/5(水) 15:32
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

週刊ザテレビジョン30号
7月17日

定価:390円

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ