ここから本文です

上川隆也「洋服が似合っているという実感に乏しい(笑)」服装のこだわりは…<執事 西園寺連載(6)>

5/31(金) 8:00配信

ザテレビジョン

上川隆也扮(ふん)するパーフェクトな執事・西園寺一(さいおんじ・はじめ)が、忠誠を誓う“奥さま”のために名推理でさまざまな事件を解決していくドラマ「金曜8時のドラマ『執事 西園寺の名推理2』」(毎週金曜夜8:00-8:54、テレビ東京系ほか)。

【写真を見る】西園寺(上川隆也)が今度は殺陣を披露する! さすがキレッキレだ

前作でハウスキーピングや格闘技などのスキルを披露した西園寺は、今作でも豊富な知識量に加え、イリュージョンやスケートなど、驚くべき才能を発揮しながら吉行和子演じる奥さま・百合子の願いをかなえるべく奮闘している。

ザテレビジョンでは、西園寺を演じる上川の素顔にフィーチャーした連載「執事 西園寺の休息」を展開中。

連載第6回は第6話の見どころとともに、上川が「ファッションのこだわり」について語ってくれた。

5月24日に放送された第5話では、西園寺(上川)と百合子(吉行)が悪天候の中、山奥で行われる幸造(山本龍二)と弥生(黒川芽以)の婚約パーティーに参加。

そこで百合子は激しい風音に紛れて「ホワイトナイト」という声を聞き、不気味に思う。そんな中、密室の部屋で幸造が殺害され、弥生が疑われてしまう。百合子は西園寺に事件解明を頼む…というストーリーだった。

停電になった際に、ロウソクの上にコップをかぶせ、その上に水を入れたペットボトルを載せて乱反射を起こし明るくするというテクニックや、モールス信号を使って丸山刑事(佐藤二朗)とやりとりをするなど、相変わらず西園寺が多才ぶりを見せつけた。

そして5月31日(金)に放送される第6話では、西園寺(上川隆也)と百合子(吉行和子)が映画「あだ花侍」の撮影見学へ。

映画は、亡き時代劇スター・城ノ内(西郷輝彦)のヒット作で、今回、若手俳優・蓮(佐藤寛太)の主演でリメークされるという。

そんな中、強引な手法で周囲から不満を持たれていた蓮の事務所の社長で、出資者の天谷(岡部たかし)が殺害される。

西園寺が鮮やかな殺陣を見せるとともに、事件の真相を解明する。

■ 上川隆也「ファッションについて」

――西園寺はいつもパリッと執事の装いですが、上川さんがオフに着るファッション、着こなしで好きなスタイルを教えていただけますでしょうか?

前回の連載での回答に引き続き、同じようなお答えで誠に申し訳ないのですが、僕は「ファッション」に関しても門外漢である事を否めません。

そもそも洋服が似合っているという実感に乏しい(笑)ものですから、興味の湧く理由が見当たらないのです。

フライトジャケットは長い事愛好していますが、それも自分が着て似合っていると思っている訳ではなく、飛行機好きが高じただけに過ぎません。

色に対する感覚も乏しいと自覚していますので、組み合わせを楽しむ事も出来ずにおります。ですから僕の身に着けているものは「無難」と云えるものに他なりません。(ザテレビジョン)

最終更新:5/31(金) 8:00
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

週刊ザテレビジョン35号
8月21日

定価:390円

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事