ここから本文です

NGT48山口真帆事件で更迭「今村前劇場支配人」が明かした裏の裏

5/31(金) 8:01配信

デイリー新潮

 あれだけ隆盛を誇ったAKBグループがひとりのアイドルの「告発」によって大揺れに揺れている。いまだ鎮火する気配がない炎上騒動について、沈黙を守り続けた名物「支配人」が初めて口を開いた。芸能マスコミを巻き込んだ狂騒劇を「大人」はどう観るべきか。

【写真】ノースリーブの二の腕がまぶしい「山口真帆」

 都内の自宅から姿を現した「男」は、予期せぬ記者の直撃に動揺を隠せなかった。AKBグループのファンであれば誰もが知る渦中の人物――。

 新潟を拠点に活動する「NGT48」の前支配人・今村悦朗氏(59)である。当初は取材を固辞した今村氏は、しかし、ついに重い口を開いた。

「今年1月に事件が表面化してからの4カ月あまり、僕は何の発信もさせてもらえず、自ら動くこともできませんでした。ただ、2015年にNGTを立ち上げてから、数多くのファンや新潟市の皆さんに支えられてきた僕には説明責任がある。何より、“山口”とはもっと丁寧に話し合って誤解を解く努力をすべきだった。彼女には本当に申し訳なかったと感じています……」

 本誌(「週刊新潮」)が今村氏に接触した前日、「山口」ことNGT48の山口真帆(23)は、他のメンバー2人と共に卒業公演に臨んでいた。

 昨年12月、彼女は自宅マンションで2人の男性ファンに襲われ、刑事事件へと発展した。犯人は直後に逮捕されたが、被害者である彼女はその後の運営側の対応について動画配信サイトで「告発」するに至った。

 そのなかで、〈今村さんだってクリーンなNGTにするって言ったのに、新しいNGTにするって、悪いことしてる奴らだって解雇するって言ったくせに、なんも対処してくれてなくて〉と名指しされたのが、この「前支配人」だった。

 事実上の「更迭」処分を受けて支配人を退いた今村氏は、それ以降、固く口を閉ざしてきた。

 その間、山口はSNS上で運営側への批判や、NGTメンバーと犯人たちとの「つながり」、つまりプライベートでの接触について言及し続け、ネット上だけでなく、芸能マスコミも彼女を擁護する声で埋め尽くされている。彼女が言わんとしたのは、自分を嫌うメンバーが実行犯と裏で共謀していたということ。疑いの目を向けられたメンバーへの脅迫が相次ぐ事態も勃発。今月20日にはメンバーの荻野由佳(20)に殺害予告を送りつけた男が逮捕されるなど、事態は深刻さを増すばかりだ。こうした現状に今村氏は、

「僕にとっては山口も他のメンバーも同じように大事な存在なんです。怖い思いをした山口はもちろん、NGTに残ったメンバーが標的にされるのも本当にやり切れません。山口を襲った犯人たちにはいまも憤りを覚えますし、証拠もないまま疑われ続ける他のメンバーへの脅迫も決して許されるべきではないと思うんです」

 と語気を強めるのだ。

 では、この騒動を「大人」はどう観るべきなのか。

 まずは、すべての発端となった昨年12月8日の「事件」について、今村氏の言葉に耳を傾けてみよう。

「あの日、スタッフと食事をしている最中にマネジャーから電話がありました。“山口が暴行されたようなのですぐに来てください!”と。衝撃でした。すぐさまタクシーに飛び乗って、現場に着くまでの間は山口がケガでもしてないかと気が気じゃなかった。途中でマネジャーから“山口が警察を呼んでほしいと言ってるんですが”と連絡があったので“分かった! すぐに警察を呼んで”と伝えました」

1/2ページ

最終更新:5/31(金) 14:45
デイリー新潮

記事提供社からのご案内(外部サイト)

デイリー新潮

新潮社

「週刊新潮」毎週木曜日発売

「デイリー新潮」は総合週刊誌「週刊新潮」が発信する最新の話題に加え、専任取材班による綿密な取材に裏打ちされた記事を配信するニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ