ここから本文です

太川陽介&蛭子能収の「バス旅」復活第2弾が6月6日放送。ファンからの賛否両論とは

5/31(金) 15:46配信

女子SPA!

マドンナは中川翔子だけでよかったのでは…

 今回から始まった「マドンナ2人体制」は、ちょっと疑問でした。1日目はかたせ梨乃、2日目は中川翔子。でも、マドンナが入れ替わることで“旅の仲間感”が断ち切られてしまうのです。

 初日のマドンナだったかたせ梨乃は大女優らしくバスの乗り方すら分からず、何から何までリーダーの太川にお任せ状態。逆に2日目のマドンナだった中川翔子は以前から『バス旅』ファンで「この番組に出たかった」というほどの熱の入れよう。温度差が激しすぎたのです。

 それならば最初から中川翔子1人だけで良かったのでは……と思ってしまいます。

 次は「1万円までタクシー利用可」という新ルールについてです。スタッフサイドとしては一度で全部使い切るのか、後に備えてタクシー代を残すのかの判断を、見どころの一つにしたかったと思われます。事実、「使い切る派」の太川と、「後に残したい派」の蛭子でちょっとした口論が起きたほどです。

 これも、1人のマドンナが2日間一緒だったほうが議論に参加できて盛り上がったでしょう。

「バス旅」マニアが感動した、懐かしのバス亭

 とはいえ、「ああ、これがバス旅だよな~~」と思わせる感動的な部分もありました。

 それは1日目。当初の目的地であった大曲まで行かずに、途中の「六郷高校入り口」で下車した場面です。これはリーダー・太川の判断によるものですが、実はこの「六郷高校入口」というバス停は『バス旅』第15弾(2013年)にも登場しており、ここで降りたほうがチェックポイント=角館にショートカットで進める重要な地点。コアなバス旅ファンなら知ってて当然の場所なのです。

『バス旅』は正解ルートを推理しながら観るとより楽しめるのですが、この六郷高校入口が登場した地点で太川さんが過去の記憶を覚えていて、そこで途中下車したというナイスジャッジにファンは喝采したわけなのです。

 こうして復活した『バス旅』ですが、1泊2日の行程を2時間で紹介したこともあって、割りとまったりとした内容となっていました。『いい旅夢気分』とまではいきませんが、グルメや観光地への立ち寄り場面も目立っていて、“ガチンコ感”や“苛酷さ”の度合いはかなり低かった印象です(ただ、それで『バス旅Z』=新コンビ、俳優・田中要次と作家・羽田圭介によるバス旅番組=との違いが明確になっているのですが)。

 さて、6月6日放送の「バス旅」復活第2弾、高尾山~諏訪湖編はどうなるでしょうか? 今回の復活第1弾は単なるウォーミングアップだったと考えつつ、太川&蛭子コンビの本領発揮に期待したいです。

<文/上杉純也>

女子SPA!

2/2ページ

最終更新:6/1(土) 1:36
女子SPA!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事