ここから本文です

6人の女性セレブが本当にやっている美肌ケア

6/1(土) 21:00配信

ウィメンズヘルス

ランに外ヨガ、サーフィン……外での運動が気持ちいい季節だけど、紫外線による肌へのダメージも気にならない? そこでいつものお手入れを見直すべく、セレブが実践するケア方法をチェック。今すぐ真似できるホームメイドパック、自分の細胞を入れたクリームまで、飽くなき美の探究心をもつ彼女たちのケア事情に注目して。

ヴィクトリア・ベッカム

スパイスガールズ時代から美容オタクで知られるヴィクトリアが最近ハマっているのが、なんと自分の血液を使ったカスタムメイドコスメ。このコスメは、採取した血液から抗炎症効果と再生能力のある細胞を取り出し、有効成分と混ぜ保湿クリームにしたもの。自らの細胞で美肌を生み出すなんて、スキンケアもここまできたか。

エマ・ストーン

“地球上で一番のドライスキン”と公言するほど、とにかく乾燥するというエマのお肌。加えてアレルギー体質もあって、コスメの成分にはとても気を使っているそう。そこで選んだのが、オレイン酸やリノール酸、ステロールなどの美容成分を豊富に含んだ純度100%のアルガンオイル。肌の脂質の成分とよく似ているため角質層までスムーズに浸透し、潤いとハリをアップしてくれる。エマは乾燥が気になる時にいつでも塗布し、ツヤ肌をキープしているのだとか。

ケンダル・ジェンナー

プリッと弾むような美肌をもつケンダルは、実は長年ニキビに悩まされ、さまざまなケアを実践してきたひとり。そんな彼女が辿り着いたのが、ふわふわに泡だてた1個分の卵白にレモン半分の絞り汁を混ぜ、顔全体に塗って30分後に洗い流すだけという即席パック。肌のphバランスが整い毛穴が引き締まることで、ニキビができにくくなるのだそう。肌の皮脂分泌が活発になるこれからの時期、覚えておきたいお手軽ケア。

ロージー・ハンティントン・ホワイトレイ

長年、オイリー肌による吹き出物に悩んできたというロージー。クレンジングをしっかり行い、プライベートではなるべくメイクをしないなど努力は続けているものの、それでも憎きニキビは出現するそう。そこで、体の内側からアプローチすべく、脂質が多いとされる卵と乳製品を断つことを決断。ケーキにクッキー……美味しいものには大抵含まれているけれど、美しい肌には代えがたいとはまさにモデルの鏡。

1/2ページ

最終更新:6/1(土) 21:00
ウィメンズヘルス

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ウィメンズヘルス

ハースト婦人画報社

世界54カ国以上で愛される、
フィットネス&ライフスタイルメディア。
ワークアウト、フード、ウェルネスなどの
情報を毎日更新でお届けします。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ