ここから本文です

【セカンド女子】本命への道は険しく遠い……。セカンドのほうを「彼女」と呼ぶ男が掴んだギリギリの女のプライド

6/1(土) 15:01配信

Suits-woman.jp

20~30代の独身女性の彼氏がいない確率が50%を超える今。いつの間にやら少数派になった彼氏持ちの女性の中には、彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちがいます。彼女たちが本命になれない原因は何なのでしょうか……。彼女たちの過去の恋愛から、その原因を探っていきます。

☆☆☆

今回お話を伺ったのは、都内の通信会社で事務の仕事をしている浦山あいかさん(仮名・31歳)。少し明るい色の髪は耳より上の位置でまとめられ、耳からは少し重そうなシルバーのピアスがついています。服装はストライプのAラインワンピースにデニムを合わせており、どちらもファストファッションのものとのこと。カバンやサンダルもカジュアルブランドのものながら、財布だけは有名ブランドのものでロゴが主張しており、年季の入った様子。ずっと目をそらさずに笑顔で話すあいかさんは社交性溢れる感じに見えます。そんな彼女のセカンド気質はどこにあるのか――。生い立ちや、学生時代の恋愛から話を伺っていきます。

「出身は長野県で、両親と1つ上に姉のいる4人家族です。私の家は父方の祖母と同居していたんですが、小さい頃は両親というより祖母がすごく躾にうるさくて、大嫌いでした。中学生の時に祖母は体を壊して、入退院を繰り返すようになってからは急におとなしくなったんですが、小さい頃に植え付けられた記憶から優しくできなくて。姉は介護をする母の手伝いをしていたのに、私は父と一緒で遠くから見ていることしかできませんでした。祖母は高校生の時に亡くなったんですが、母と姉、父と私という家族が2つに分かれた感じにそのままなってしまいました。別に仲が悪いわけじゃないけど、私と母親は今2人で出かけることなんてないけど、姉とはよく出かけているみたいですね。嫉妬はないんですが、ちょっとだけ思うところはあります」

初めて彼氏ができたのはいつですか?

「私は大学で東京に出ているのですが、彼氏ができたのは就職してから、24歳のです。

中学、高校はバレー部に所属していて、強豪校でもなかったんですが、とにかく部活一筋でした。まぁモテない言い訳かもしれませんが(苦笑)。当時は髪も短くて、今よりも太っていましたね。男の子には興味津々だったんですが、好きな人とかはいませんでした。今大人になって集まるのは部活の女友達ばかり。まったくと言っていいほど、仲の良い男友達もいませんでした。

初めての彼氏は大学の時からずっと好きだった人で、共通の友人を介して就職後に再会する機会があって、そこからです。でも、彼には大学時代からずっと付き合っている彼女がいました」

2人が急激に接近したきっかけはあいかさんの告白。その告白は過去のものとして伝えたそうですが……。

「彼と私と、その他友人2人の4人で飲みに行った時、酔っぱらった友人に私の気持ちを暴露されたんです。その場は私も酔っていたから、過去のものとしてみんなの前で気持ちを伝えて。全然軽い感じで、返事を催促するものでもなかったし、彼も笑っていただけでした。

でも、終電近くになった時に、もう一軒行こうと誘われて、最後には私の家で。彼は私が好きになる前からずっと同じ彼女がいたから、夢みたいに嬉しかったんですよ」

1/2ページ

最終更新:6/1(土) 15:01
Suits-woman.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Suits WOMAN

小学館

2016年 秋号
10月5日発売

590円(税込)

働く30代のためのリアルライフマガジン。
マネー、美容、健康、デジタルなど
きちんと地に足の着いた“堅実女子”の
不安や悩みにきめ細かくお応えします。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事