ここから本文です

『消えたお妃候補たちはいま』から紐とく、天皇陛下の雅子さまへの想い―後編

6/1(土) 15:00配信

BEST TIMES

秋篠宮眞子さまと小室圭さんの婚約問題の例にもれず、皇室の結婚はいつの時代も注目の的である。令和になり天皇に即位した皇太子徳仁殿下も、浩宮さまと呼ばれていた昭和時代から「お妃探し」が始まり、雅子さまを含めた有力候補者が続々と報道されていた時代があった。
ジャーナリスト・小田桐誠氏がこのたび上梓した『消えたお妃候補たちはいま』(KKベストセラーズ)には、その頃のお妃候補者たちの現況をも追ったそれぞれの人生ストーリーが記されているが、ここでは試みに天皇陛下の側からご成婚までの歩みを、現代の「婚活」感覚を交えながら読み進めてみたい。

この記事の写真はこちら

 最初のお妃候補者の報道が出てから9年経った1986(昭和61)年10月18日。

来日したスペインのエレナ王女歓迎のため宮内庁と外務省が催した茶会の招待客名簿に、この日、外務省に合格したばかりの小和田雅子さんの名が手書きで急遽追加され、浩宮さまは運命の出会いを果たした。

この時の雅子さまの印象は

「非常に控えめですが、自分の思っていることをはっきりおっしゃって、それでいて非常に聡明であること。それから話題にも共通性があって、心が通じ合うような、そういう感じを強く持ちました」

と、のちの婚約内定記者会見で答えている。<前編>で語られていた理想の女性像そのものが目の前に現れたのだ。

 

続く数か月間に英国協会のパーティーや餅つき大会でも会う機会に恵まれたのち、1987(昭和62)年3月に行われた記者会見。

「理想の女性には巡りあったのでしょうか」とお決まりの、しかしあまりに核心を突いた質問には、以前と逆に寡黙にならざるを得なかったようだ。

「今後、そのことについては、お話しないつもりですが……(その理由としては)理想の女性に出会ったかどうかお答えしていくと、出会ったときにそうです、と答えなければならない時期がいずれくると思いますから」

これは当時の皇太子ご夫妻(現在の上皇、上皇后両陛下)が浩宮さまの結婚について聞かれた際、本人の意志を第一にして静かに見守りたいという親心からしばしば口にしていたセリフでもあった。

 

1/3ページ

最終更新:6/1(土) 15:00
BEST TIMES

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい