ここから本文です

井上尚弥、海外メディアのロドリゲスKO直撃質問に気遣い「実力はあんなものじゃない」

6/1(土) 19:33配信

THE ANSWER

IBF総会で海外メディアが直撃「ロドリゲス戦は楽勝?」「どこまで階級を上げる?」

 ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級準決勝でIBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)を259秒KOで下したWBA王者・井上尚弥(大橋)。30日にマカオで行われたIBF総会に出席したモンスターはキャリア初の黒星を喫したロドリゲスの実力を「あんなものじゃない」と改めて評価。米メディア「ファイトニュース.com」が報じている。

【画像】井上に意外すぎる才能!? 「普通にうまくてびびる」と話題…尚弥画伯が描いた“ドラえもんイラスト”の実物

 36回目を迎えたIBF総会に新王者として参加したモンスター。米誌「リング」のパウンド・フォー・パウンドでキャリア最高の4位に選出された旬の男は海外メディアから取材攻めに遭った。

 事実上の決勝と呼ばれたロドリゲス相手に互角だった初回から一転、2ラウンドでギアを上げるとあっというまに3度ダウンを奪った。「ロドリゲスは難しい試合になると思っていましたが、終わってみれば楽勝に見えましたが?」と質問された井上は、プエルトリコの猛者を気遣った。

「結果的にはああいう2ラウンドでKOで終わりましたが、ロドリゲスの実力はあんなものじゃないと思っている。それがたまたま、ああいう形で終わっただけだと思っている」

ドネア戦についても言及「本当に気の抜けない試合になると思う」

 強烈な左のボディで2度目のダウンを喫したロドリゲスはセコンドの方向を見つめながら、何度も首を横に振った。全勝王者の心をへし折ったが、ライバルのポテンシャルを評価した。

 5階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)とのWBSS決勝について問われると「実力もある選手なので、本当に気の抜けない試合になると思う。一瞬のミスで勝負が決まる試合になると思う」と気を引き締めた。

 海外メディアから「どこまで階級を上げていくのか?」という質問も受け、「今、考えているのはスーパーバンタム」と4階級制覇も視界に入れていることを明かしたモンスター。その躍進を世界が注目している。

THE ANSWER編集部

最終更新:8/3(土) 1:40
THE ANSWER

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事