ここから本文です

AbemaTV3周年 テレ朝との連動企画で露見したネットの優位性

6/2(日) 16:00配信

NEWS ポストセブン

 ネット番組だから地上波よりも過激で、大胆な表現がしやすい。そんなことが言われているが、果たしてそれは過激で大胆なだけなのか。イラストレーターでコラムニストのヨシムラヒロム氏が、バラエティ番組が持つ骨太な面白さとはどこからやってくるのかについて考えた。

 * * *
 ここ2年間、毎週ウェブテレビについて記述してきた。当初は「ネタ不足にならなきゃいいけど……」と心配していたが、それも杞憂に終わる。今となってはタレントが自前のチャンネルを持つ時代、海外資本の動画配信サービスにも日本製作のコンテンツが増えた。

 YouTube、Amazonプライム・ビデオ、Netflixと取り上げてきたが、なかでもお世話になっているのがAbemaTV。サイバーエージェントとテレビ朝日の共同出資から生まれた局、ここでしか観られないオリジナルコンテンツが充実している。常に新しい企画が立ち上がるため、ニュースに事欠くこともない。よって、ネタに困ったときはAbema!と頼ることも多い。今年5月、そんなAbemaTVが開局3周年を迎えたという。

 なにごとも自ら祝うのがAbemaTV方式、今回はバラエティ番組に力を入れてきた。テレビ朝日で23:20~翌0:20に放送される『陸海空 こんなところでヤバいバル』(月曜)、『ロンドンハーツ』(火曜)、『マツコ&有吉 かりそめ天国』(水曜)、『アメトーーク!』(木曜)とコラボ。テレビでは観ることができないAbemaTV特別バージョンが配信される運びとなった。

 特別版といっても番組ごとに趣旨は異なる。『陸海空 こんなところでヤバいバル』は既に放送された内容の再編集版、他の3つはオリジナルコンテンツを用意していた。なかでも『ロンドンハーツ』と『アメトーーク!』は、コンプライアンスが緩いと評されるAbemaTVだから配信できる内容に仕上がっていた。

 金曜21時台から火曜23時台に異動となった『ロンドンハーツ』。ゴールデンから深夜帯へ、業界的に言えば“降格”ということなのだろう。しかし、結果的には大成功。過激なことが許される時間帯になったことにより、番組は全盛期のキレを取り戻している。AbemaTVと連動した週の地上波放送では全ての時間を使い、狩野英孝と村上健志(フルーツポンチ)のケンカを特集。ただただ面白いだけ、観ていて人生の為になることはない内容。今時珍しい本当のバラエティ番組として機能している。

1/4ページ

最終更新:6/2(日) 16:00
NEWS ポストセブン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ