ここから本文です

映画がなければマイナーだった!? スクリーンに登場して有名になったクルマ5選

6/2(日) 11:40配信

WEB CARTOP

世界に日本車の素晴らしさを伝えたクルマたち

 映画の劇中車として使われて有名になったり、人気が出たりしたクルマは数多くある。クルマは単なる移動手段ではなく、人生そのものに深く関わるものであるので、映画のなかでも役者並みに重要な存在として描かれることが多い。また、映画で重要な存在として描かれたクルマは、クルマ好きならずとも強く印象に残るので、幅広い層の人々の記憶に残りやすいのも特徴だ。

まるでアニメか映画の世界!宇宙船のようなクルマ7選

 映画で有名になったクルマは永久に語り継がれるだろう。逆に、映画に興味がない人でも、クルマ好きならクルマで話題の映画は観たくなるものなので、クルマと映画はお互いに良い関係にあるといえる。

 そこで今回は、とくに映画好きというわけでもない筆者が印象深い映画で有名になったクルマを思い出してみた。

※記事中の写真は劇中車ではありません

1)「007は二度死ぬ」:トヨタ2000GT

 英国秘密情報のスパイであるジェームス・ボンドが活躍する超人気シリーズ。主人公の愛車として描かれるクルマは「ボンドカー」と呼ばれ、毎作品ごとに大きな注目を集める。時代の世相を象徴する高性能車が登場するが、日本車で唯一登場したのがトヨタ2000GT。正確にはボンドカーではなく、ヒロイン役の若林映子が乗るクルマとして登場するのだが、印象の強さと存在感はボンドカーに引けをとらない。1967年に日本車の素晴らしさを世界に知らしめることになった。

2)「栄光への5000キロ」:ダットサンブルーバード(510型)

 日産チームがサファリラリー優勝を遂げるドキュメントを映画化したもの。昭和の大スター、石原裕次郎がダットサンのブルーバードで過酷なサファリラリーを激走。アフリカの大自然を舞台にクルマの格好良さや性能のすごさが炸裂するように表現されている。モータースポーツの面白さなど、自動車の魅力の原点が濃縮されたような作品だ。ブルーバードは国民的大スターと世界を舞台に闘うクルマとして一斉を風靡した。

3)「バックトゥザ・フューチャー」:デロリアンDMC-12

 この大人気映画もクルマの存在なくして成り立たない作品だ。マニアックなスポーツカーをタイムマシンに改造して、過去や未来にタイムスリップ。劇中車の「デロリアン」は元GMの副社長デロリアン氏が独立して立ち上げたブランドで、自動車メーカーとしての規模は非常に小さく、存続した期間も短かったが、この映画に登場したことで世界中に知れ渡ることになった。

1/2ページ

最終更新:6/2(日) 11:40
WEB CARTOP

記事提供社からのご案内(外部サイト)

クルマの「知りたい」を完全網羅
新車試乗・最新技術・お役立ち情報 etc……
すべてがわかる自動車メディアの決定版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事