ここから本文です

初夏の絶景ドライブを楽しもう!ベストシーズンの新緑街道5選

6/2(日) 8:00配信

ウォーカープラス

暑い夏を目前に、新緑の美しい季節がやってきた。気持ちいい風を浴びながら、山々や高原でドライブを楽しむには、今がベストシーズンだ。今回は初夏の到来を感じられる、おすすめ新緑街道を紹介しよう。

【写真を見る】ウォーキングコースもあり、初夏は花が咲き誇る / 「伊勢志摩スカイライン」(三重県伊勢市~鳥羽市)

■ 200種類もの高山植物が咲き誇る、天空の高原ルート

蓼科(たてしな)高原、霧ヶ峰を通り美ヶ原高原まで続く国内有数のドライブコース「ビーナスライン」(長野県茅野市~上田市)。夏には200種類もの高原植物が咲き誇り、道沿いでは6月中旬にレンゲツツジ、7月にはニッコウキスゲが見られる場所もある。また、散策地が点在しているので、車を止めてゆったり歩いて回るのもおすすめだ。

■DRIVE DATA / 全長:約76km / 通行料金:無料 / 通行期間:4月下旬~10月下旬

■ビーナスライン / 住所:長野県茅野市~上田市 / 電話:0266-73-8550(ちの観光まちづくり推進機構) / 時間:24h / 休み:期間中はなし

■ 伊勢湾を一望できる絶景展望台も!朝熊山を駆け抜けるスカイライン

標高555mの朝熊(あさま)山を縦走する有料道路「伊勢志摩スカイライン」(三重県伊勢市~鳥羽市)。朝熊山頂展望台は伊勢湾や太平洋を一望できる絶景スポットなので、ぜひ立ち寄りたい。売店では、雲のような見た目が評判の「天空ソフトクリーム」(350円)を食べられる。少し疲れたら、冷たいスイーツでひと休みしよう。

■DRIVE DATA / 全長:16.3km / 通行料金:1250円 / 通行期間:通年

■伊勢志摩スカイライン / 住所:三重県伊勢市~鳥羽市 / 電話:0596-22-1810(伊勢料金所) / 時間:6:00~20:00、9~12月 7:00~19:00など / 休み:なし

■ まるで冒険気分!岐阜県と石川県を結ぶ迫力の山間ルート

岐阜県と石川県を結ぶ、標高600~1450mの山々を縫うように続く有料道路「白山白川郷ホワイトロード」(岐阜県白川村)。紅葉の時期が有名な道路だが、新緑の季節も勝るとも劣らない美しい景色が楽しめる。沿道には、ふくべの大滝や姥ヶ滝など、迫力満点の絶景スポットも。

■DRIVE DATA / 全長:約33km / 通行料金:1600円 / 通行期間:2019年6月7日(金)~11月※7月中旬まで岐阜県料金所からの入場で、金沢・加賀温泉郷方面への通り抜け不可、7月中旬(予定)まで石川県側無料区間で応急対策工事を実施。岐阜料金所から中宮温泉まで片道料金での折り返し

■白山白川郷ホワイトロード / 住所:岐阜県大野郡白川村飯島 / 電話:05769-6-1664(白山林道岐阜管理事務所) / 時間:7:00~18:00、9~11月 8:00~17:00 / 休み:期間中はなし

■ 人気の避暑地を快走しよう!

避暑地としても人気の「青山高原」(三重県伊賀市)を走る観光道路は、ハーブなどの高原植物が咲き誇る6~7月にかけてがベストシーズン。ドライブをしながら、風力発電の風車が立ち並ぶ様子を同時に楽しめるのもうれしい。

■DRIVE DATA / 全長:約22km / 通行料金:無料 / 通行期間:通年

■青山高原 / 住所:三重県伊賀市勝地 / 電話:0595-26-7788(伊賀上野観光協会) / 時間:24h / 休み:なし

■ 緑の大樹、メタセコイアの並木に感動!

一直線で見晴らしがよく、運転しやすいと人気の「メタセコイア並木」(滋賀県高島市)。マキノ高原へと続く2.4kmに約500本のメタセコイアが植えられている。葉がより深い緑に変化する夏や紅葉の時期など、四季折々の変化を楽しめる。

■DRIVE DATA / 全長:2.4km / 通行料金:無料 / 通行期間:通年

■メタセコイア並木 / 住所:滋賀県高島市マキノ町蛭口~牧野 / 電話:0740-33-7101(びわ湖高島観光協会) / 時間:24h / 休み:なし(東海ウォーカー・東海ウォーカー編集部)

最終更新:6/3(月) 4:43
ウォーカープラス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事