ここから本文です

黒羽麻璃央、次回作は「夢かなったね、わくわくロコモコ丼」崎山つばさらと仲良しトーク展開

6/2(日) 20:35配信

ザテレビジョン

7月12日(金)に公開される映画「広告会社、男子寮のおかずくん 劇場版」の完成披露舞台あいさつが6月2日に東京都内で行われ、主演を務める黒羽麻璃央をはじめ、崎山つばさ、小林且弥、大山真志、そして監督の三原光尋が登壇した。

【写真を見る】会場を黄色い歓声で包んだ黒羽麻璃央と崎山つばさイケメン過ぎるツーショット

本作は、オトクニ原作の人気料理男子漫画を実写化した連続ドラマ「広告会社、男子寮のおかずくん」(2019年、BS11 イレブンほか)の劇場版。

ミュージカル「刀剣乱舞」などで人気を博す2.5次元俳優・黒羽と崎山が共演することでも話題となった。

■ 「広告会社、男子寮のおかずくん 劇場版」STORY

ミナト広告会社で働き、社員男子寮に入居している“おかずくん”こと西尾(黒羽)、東良(崎山)、北(小林)、南郷(大山)の4人は、癖のあるクライアントに悩まされながらも“幸せな広告を作るため”日々残業しながら、仕事に取り組んでいた。

そんな中、ライバルの電報社からコンペで勝ち取った「江の島グルメ協会」からの新プロジェクトは、いまだ広告に掲載されたことのない店舗紹介を求められる「江の島グルメ」のタウン誌制作だった。

仕事に行き詰まっていたおかずくんに、江の島出身の東良が、高校の先輩・中野美夏(逢沢りな)の父・中野友和(田中要次)がオーナーでシェフを務めるイタリアンレストランを紹介する。

絶品ペスカトーレを口にしたおかずくんは、タウン誌への掲載を依頼するが、店から追い出されてしまう。入社3年目の夏に直面する、“広告”の理想とシビアな現実の行方はいかに…。

■ 4人でここに来られて非常にうれしい

完成したばかりの試写が上映中、何度も黒羽麻璃央や崎山つばさらのやりとりに、会場から笑いが起こる場面が。

そんな中、主演の黒羽は、完成披露試写会を迎え「4人でここに来られて非常にうれしい」とコメント。

壇上に上がってそれぞれあいさつする場面では、小林且弥が「ベースを担当しております…」と始めると、大山真志は「ドラムを担当しております…」と続き、三原光尋監督が「たて笛担当の…」と落とす流れで爆笑を誘った。

その後、三原監督は「みんなが仲良しだったことが一番良かった」と語るほど、4人のやりとりは自然で、演じているというよりは素の本人たちを見られる映画になっている。

江の島の海岸での4人のシーンを振り返るエピソードで、黒羽は「事件、事件ですよ。上司と同僚にやられました」と11月の海での撮影で起こった仲良しぶりについて告白。

その撮影は、最終日の撮影で「今までやってきたおかずくんの世界観だったり、僕らの青春って感じを、子どもに戻ったかのように、演じさせてもらった? 演じてたのかよく分からない(笑)感じで、すごくキャピキャピできました」と語り、その後4人で仲良くシャワーに入って、「裸の付き合い、全員見ました」と言うと、会場は悲鳴に近い歓声で盛り上がった。

■ また、このメンバーでやりたい

あらためて、大山は「たくさんのすてきなメンバーとスタッフさんに囲まれて、映画に出演できたことが幸せです。皆さん、この作品を愛してください」と語り、三原監督は「皆さんのお声が届けば、パート2もあるかもしれません。ぜひ、決まったら“監督は同じ人でやってほしい”とSNSなどで発信してほしい」と次回作への意欲も。

小林も「また、このメンバーでやりたいので、SNSなどで告知をお願いします。皆さんの力で僕らをハワイへ(次回作のロケ地希望)連れてってください」と話し、ハッシュタグには「#監督続投」と入れてほしいと付け加えた。

崎山は「皆さんに幸せな瞬間や時間が届けばいいなと思って作ったので、この作品も監督続投と役続投でいろいろな所に行けるように、頑張っていきたいと思います。

映画にも出てくる“好きな仕事をする”、“仕事を好きになる”ことが大事。いろいろ大変だと思うけど、映画を見て励みになっていただきたい」と思いを語り、「好きな人を推すということも、一応仕事ということも頭に入れていただきたい」とファンに新たな仕事があることを意識づけた。

そして、黒羽は「たくさんの方に愛していただいたことを、感謝しています。初めは、会社員というイメージができなかったけど、この作品を通して会社勤めをしている方をあらためてリスペクトできました。

嫌なこととかにもまれながらも一生懸命に自分の夢を追い掛けるのは、大変なことだけど、すてきなことだと思いました」と話し、「映画も出来たし、後は公開され、口コミで広がっていき、ハワイに行くぞ! とそれだけです(笑)。このメンバーで“ロコモコ丼”?作るシーンを想像しながら」と次回作への思いも語った。

最後に、黒羽は次回作のタイトルを「夢かなったね、わくわくロコモコ丼」と題し、爆笑で締めくくった。(ザテレビジョン)

最終更新:6/13(木) 14:11
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

週刊ザテレビジョン30号
7月17日

定価:390円

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事