ここから本文です

神戸DF、ライン上で衝撃の右手スパイク 即退場の瞬間に伊紙驚嘆「ハンド、レッド、PK」

6/2(日) 7:30配信

Football ZONE web

磐田戦、FWビジャのPKで神戸先制も… 終了間際に痛恨のPK献上で1-1ドロー

 ヴィッセル神戸は1日の第14節でジュビロ磐田と対戦し、元スペイン代表FWダビド・ビジャの2試合連続ゴールで先制も、終了間際に同点のPKを決められて1-1ドローに終わった。

【動画】「ハンド、レッド、PK」と伊紙驚嘆! 神戸DFダンクレー、ライン上で衝撃の“右手スパイク”…即退場となった決定的瞬間

 開始2分、こぼれ球に反応したFW三田啓貴が相手ペナルティーエリア内で磐田GKカミンスキーに倒されてPKを獲得。同3分、これをビジャがゴール右に流し込み、2試合連続弾で今季6ゴール目をマークして神戸が先制に成功した。

 後半に入り粘り強い守備を見せていた神戸だったが、後半アディショナルタイム1分に悲劇のドラマが待っていた。磐田の猛攻に晒されるなか、MF荒木大吾がエリア内に侵入してクロス。神戸GK吉丸絢梓が飛び出して触るも、ボールはゴール方向へ。いち早く反応したDFダンクレーが倒れこみながら決死のクリアでピンチを阻止した。

 しかし、ダンクレーのクリアボールが再び荒木に渡ると、そのまま中央へクロス。これにGK吉丸が反応したが、バウンドしたボールが倒れていたダンクレーの元に飛ぶ。はじき返す体勢になかったダンクレーは思わず右手スパイクではじき返したが、この行為により一発退場。相手にPKを献上し、終了間際の失点でドローに終わった。

 ダンクレーが見せた決死のプレーに反応したのがイタリア紙「コリエレ・デッロ・スポルト」だ。「Jリーグ、ダンクレーのハットトリック:ハンド、レッド、PK」と報じ、「ジュビロ磐田とヴィッセル神戸の対戦で、ダンクレーが終了間際に気が動転」と言及。ダンクレーがライン上でクリアを試みた瞬間の映像を紹介している。

 神戸は終了間際の失点で連勝を逃す形となったが、海外メディアは結果以上にダンクレーのプレーに注目を寄せていた。

Football ZONE web編集部

最終更新:6/3(月) 16:23
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事