ここから本文です

交流戦のDHで活躍が期待されるセの強打者とは?

6/3(月) 10:59配信

週刊ベースボールONLINE

ヤクルトはバレンティンのDH起用が濃厚!?

 ヤクルトは昨季同様にバレンティンをDHに起用する可能性が高いだろう。5月29日の広島戦(神宮)でも守備面を考慮してスタメンを外れており、守備機会のないDHに起用して打席に集中させれば、より良い結果が期待できる。バレンティンをDHにした場合は、坂口智隆をレフトに起用すると思われる。

 現状、バレンティン以外をDHで起用することは考えにくいが、別の可能性を探るとすれば、10代ながら四番を任され、チーム最多の14本塁打を放っている村上宗隆のDH起用。一塁の守備も問題なくこなしているが、攻撃に専念させることでさらなる好結果を生む可能性がある。その場合、一塁にはシーズン序盤に務めていた荒木貴裕や坂口を使うだろう。

 各チームの「交流戦のDHでの活躍が期待される強打者」をピックアップしてみた。どの選手をDHにするかで攻撃力が大きく変わるので、どのチームも慎重に選ぶだろう。交流戦の開幕試合はすべてパ・リーグの本拠地で行われるため、早速DHの出番となる。セ・リーグの各チームが誰をDHに起用するのか注目したい。

文=中田ボンベ@dcp 写真=BBM

週刊ベースボール

3/3ページ

最終更新:6/3(月) 14:27
週刊ベースボールONLINE

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ベースボールONLINE

株式会社ベースボール・マガジン社

野球専門誌『週刊ベースボール』でしか読めない人気連載をはじめ、プロ野球ファン必見のコンテンツをご覧いただけます。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい