ここから本文です

【RIZIN】那須川天心、世界進出へ「日本でやることがなくなったので世界に出たい。そろそろいいんじゃないか」

6/3(月) 6:00配信

ゴング格闘技

 2019年6月2日(日)兵庫・神戸ワールド記念ホールにて開催された『RIZIN.16』。そのメインイベントでマーティン・ブランコ(アルゼンチン)を2R2分19秒でKOし、ISKA世界フェザー級王座を獲得した那須川天心(TARGET/Cygames)が試合を振り返った。

【写真】那須川が最も手応えがあったというミドルキック

■最初のミドルキックは誰でも倒れる

――試合を終えて今のご気分は?

「とりあえず勝ててホッとはしています。できたところとできないところ、今はいろいろ振り返って考える時ですね」

――できた部分というのは?

「今回、体重の調整の仕方を考えて動きのキレはいつもよりも出てきたかなと思うんですが、試合を振り返ると、蹴りは走っていたんですがパンチは身体が緩いかなと感じました」

――3度のダウンを奪いましたが、会心の一発は?

「最初のミドルキックじゃないですか。あれは多分、誰でも倒れると思います。いい音がしたので。今まではあまり出していなかった大振りのオーバーハンドのパンチだったりを使って、相手のガードの上から叩いてそこでミドルに行ったのが、大振りでいくとミドルが入るんだと改めて思いました」

――最初のダウンでこれはもういけるという感触でしたか?

「そうですね。これで終わったと思ったんですが、立ってきたので冷静になっていろいろやってみました」

――急遽名乗りをあげたブランコはどう思いましたか?

「一発もらったら危ないっていうのがありました。今回多分、パンチを一発ももらっていないと思うんですよ。そこは冷静に戦えたので良かったです。それで向こうは1Rは様子を見て、2Rか3Rにコンビネーションで中に入ってくると思っていたので、その途中でミドルが入って早く終わらせることになりました」

――ドロップキックをやりましたよね?

「狙っていたというか、盛り上げるためにやりました(笑)」

――関西初上陸で、試合が終わった後もたくさんのファンが残っていましたがいかかでしたか?

「凄いアツかったです。いろいろな人に声をかけてもらって。自分が誰かの元気の源になれればいいなって昔から思っていたので。それが少しずつできているということは、格闘技はまだまだ盛り上がると思いますし、自分自身ももっと成長しないといけませんね」

――肉体改造の成果は出ましたか?

「まだまだですが、どんどん身体が変化していくと思うので、余計な筋肉を付けずに自分自身を高めるということを今後もやっていこうと思っています」

1/2ページ

最終更新:6/3(月) 6:00
ゴング格闘技

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ゴング格闘技

ジャパンコンテンツマネジメント

ゴング格闘技
2019年7月23日発売

定価 本体1,111円+税

【特集】快挙! 世界二冠・堀口恭司とは何か?
■DJら対戦者が語るキョージ・ホリグチ
■「格闘兄弟」朝倉未来&海ほか
■魔裟斗×武居由樹/亀田が語る那須川天心

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事