ここから本文です

糖質オフもできる!「おからパウダー」のダイエットレシピ3選

6/3(月) 21:03配信

ウィメンズヘルス

気軽に腸活とダイエットができると、今話題のおからパウダー。

おからパウダーの使い方は、(1)手軽にできる“まぜる”、(2)脂質をカットできる“かさまし”、(3)糖質オフ派の人におすすめの“代用”の3つに分けられる。今回はそれぞれのおすすめレシピを『おからパウダーダイエット』著者の岸村康代さんにレクチャーしてもらった。

【まぜる】これからの季節にぴったり! 枝豆のポタージュ

調理時間:12分

(材料)2~3人分
・冷凍枝豆 100g(可食部)
・玉ねぎ 1/2個
【A】
・洋風スープの素 小さじ1と1/2
・水 150ml
・牛乳 150ml
・おからパウダー 大さじ2

(作り方)
1. 玉ねぎは半分に切り、電子レンジで4分加熱する。
2. 鍋に1と解凍した枝豆、【A】を入れて煮、牛乳を加えて温まったらミキサーにかける。
3. なめらかになったおからパウダーを入れてさらにかき混ぜ、器に盛り、枝豆を3~4粒のせる。

(ポイント)
栄養的には、枝豆にはビタミンB1やビタミンCも含まれるので、おからパウダーと併せることで栄養もさらにアップ! 忙しい朝には、市販のスープにかけるだけでもOK。

【かさまし】玉ねぎのみじん切りする必要なし! 時短おからハンバーグ

調理時間:20分

(材料)2~4人分 小さめなら4個分
・おからパウダー 大さじ5
・牛乳 110ml
【A】
・合いびき肉 300g
・卵 1個
・塩 小さじ1/2弱
・こしょう 適量(多め)

(作り方)
1. ボウルにおからパウダーを入れ牛乳に浸してから、【A】を加えてよく混ぜ合わせる。
2. 1を2つに分け、成形する。
3. フライパンに油(分量外)を入れて中火にかけ、2を入れる。弱火にして片面に焼き色がついたら返し、フタをして5分ほど焼く。

(POINT)
玉ねぎのみじん切りの手間も省けるジューシーなハンバーグです。おからを入れることで、食物繊維が手軽にプラスでき、満足感もアップ。ハンバーグのタネに混ぜたおからパウダーがお肉の水分を吸ってくれるので、冷凍しても肉汁が出ず、うま味もそのまま味わえます。作り置きにもぴったりな一品。

1/2ページ

最終更新:6/3(月) 21:03
ウィメンズヘルス

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ウィメンズヘルス

ハースト婦人画報社

世界54カ国以上で愛される、
フィットネス&ライフスタイルメディア。
ワークアウト、フード、ウェルネスなどの
情報を毎日更新でお届けします。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事