ここから本文です

今年の夏こそスラっと美脚! 夏までにやるべき6つのこと

6/3(月) 20:20配信

with online

「美脚になりたい!」と願う全ての女子へ

こんにちは!千波です。
この時期、多くの女性から聞かれるのが、ズバリ美脚になる方法。

早速動画を見てマッサージにトライ!

脚やせのために軽い運動をしたり、セルフマッサージをすることももちろん効果的なんですが、日頃から、下半身太りの原因となるような習慣に気をつけることも大切です。

ということで、今回は脚やせのために「日常生活で気をつけたいこと6つ」をご紹介します。

1)履きなれない靴、歩きづらい靴の頻度を控える

例えば、底が硬いペタンコのパンプスやヒールが高い靴、かかとやつま先が痛い靴などは、

足裏のアーチを上手く柔軟に使って歩けていなかったり、重心が均等にかかっていないため

ふくらはぎや太ももの前側など偏った筋肉に負担がかかり、足が太くなる原因となってしまいます。

2)キツすぎる着圧ソックスは控える。

着圧ソックスは、圧が強ければ強いほど浮腫みに効いて、脚やせに効果がありそうなイメージですが、

強すぎると血管やリンパ管を圧迫したり、足先も柔軟に動かせなくなるため、

逆に浮腫みの原因になってしまう可能性が。

足が動かしにくくなる、冷える、という方は着圧ソックスを控えてみてください。

3)片足重心で立ったり、足を組むのは控える。

利き手があるように、利き足というものがあるのを知っていますか?

無意識な癖で片足重心で立ったり、同じ方向で足を組む癖がある方は、筋肉の左右差や骨盤の歪みが生じやすいことが多いんです。

骨盤が歪むことで、下半身太りの原因となってしまうので気をつけてください!

4)デスクワーク時の猫背や骨盤の後傾に気をつける

猫背になったり骨盤が後傾してしまうことで、お腹の筋肉が緩んでぽっこり出やすく、骨盤の後傾癖姿勢が定着すると、お尻は下がり太ももは張ってしまうという原因になります。

5)歩く、階段を使うことを意識する。

脚やせを叶えるのは毎日の積み重ね。

浮腫みがひどくなればなるほど、下半身太りの原因になってしいます。

毎日こまめに動かすこと、脚の筋肉をほどほどに鍛えることも脚やせにとって重要です。

ジムに通う時間がない・・という方でも、日常生活で階段を使うだけでも運動量がアップして太ももやお尻の筋肉を鍛えるのにおすすめです。

エレベーターやエスカレーターを使うことを減らし、階段を使うようになるだけでも違うので、ぜひ意識してみてください。

1/2ページ

最終更新:6/3(月) 20:20
with online

記事提供社からのご案内(外部サイト)

withonline

株式会社講談社

2018年12月号
10月26日発売!

定価680円

メインターゲットの20代オシゴト女子の
幸せなライフスタイルを「with」が
全面サポートします!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事